修理不能機種2013/01/29

製造から30年程度経過していると思われる国産アコーディオンの修理を承りました。

トンボ楽器製作所製の物ですが、大切に使われてきた物らしく、
外観は良い状態を保っています。
不具合の症状は鳴らした時の雑音です。


No.65という機種ですが、これはトンボ楽器が修理不能機種として挙げている
モデルの一つです。
メーカーが製造を終了して年月が経過した機種は修理不能という事です。
この楽器の修理を依頼して来た方も、最初はトンボ楽器へ修理の相談をしたとの事です。
補修部品のストックも無くなりますし、これは仕方がない事でしょう。
国内自動車メーカーのディーラーに30年以上前の車を持ち込んで修復してくれと言っても
できないのと同じです。
家電でも大体7年で打ち切りになりますね。
でも、古い車のレストア専門店があるのと同様、古いアコーディオンも当店では、
メーカー、年代問わず修理いたします。


演奏時のノイズ以外に幾つかの不具合がありました。
鍵盤の高さがバラバラになっています。
古い楽器に特徴的な症状で、高さが不揃いなだけでなく、大抵の場合、
鍵盤のストロークが深くなっています。
また、離鍵時のノイズが大きくなっています。
本来はバルブのフェルトと皮の交換をしますが、今回は高さと深さの調整だけ行います。


グリルカバーの変形もありました。
これも修正します。


演奏時のノイズの原因はリードに付いている皮の部品(リードバルブ)の反りです。
古い楽器は必ずと言っていいほど起きる典型的な症状です。
この楽器も写真の様に酷く反りが出ていて向かいの皮と接触しそうです。


リードブロックを楽器から取り外してみましたが、やはり反りがかなりあります。
リードの錆も見られます。


古くて反りが出た皮は全て取り外して新しい物と交換します。
右手の物を全て取り外しました。


皮を取り外すと錆が良く見える様になりました。
錆を取り除き、新しい部品を貼り付ける修理を行います。
リードブロックの内側にも同じ部品があるので作業は長時間になります。


ベース側のリードです。
こちらもリードバルブの反りが出ています。
古い楽器に時々見られますが、小さな乾燥剤が取り付けられています。
「高級 乾燥剤」という表示が面白いですね。
万が一袋が破れても中身が飛散しないように、大きな錠剤の様な成形がされていました。
それにしても、このような小さな乾燥剤の存在意義は何なんでしょうか?
数日で飽和して乾燥剤としての機能は失われると思うのですが..


ベースリードを楽器から取り出しました。
皮の反りとリードの錆が見て取れます。


ベースリードの皮も全て取り外し、新しい物へ交換します。
この後、全体の調律を行い、新品の時の様な音を取り戻しました。

古いアコーディオンも消耗品を改め、不具合を取り除くことで再び、
楽器として使用できる様になります。
メーカーで修理不能とされた楽器や、メーカーが無くなってしまった古い舶来の
アコーディオンも修理可能ですので、新しかった頃の音を取り戻したいと
お考えの方は是非、ご相談ください。
点検、見積もりは無料にて行っており、遠方の場合も宅配にて受付しております。

コメント

_ 匿名 ― 2019/08/04 01:24

こんにちは。
初めまして。
こちらの記事のものと同じ機種のアコーディオンを使用しております。
私も雑音が聞こえることに悩んでおります。
遠方に住んでおり、修理をお願いしようか悩んでおります。
大変不躾な質問で申し訳ありませんが、この記事で紹介されている修理の料金はおいくらくらいでしょうか。
差し支えなければ教えていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。

_ Cookie(店主) ― 2019/08/04 09:23

コメントの投稿ありがとうございます。
メールアドレスのご記入がございませんのでブログのコメントとして回答させていただきます。

ブログ記事と同じような状態であればご紹介した内容通りの多くの作業を必要とします。
日数にしても1週間程度は掛かります。
ですので費用は中国製の34鍵盤、MML、72ベースの新品の価格に近くなります。
お持ちの楽器に何らかの意味や大事にしている物であれば修理する方が良いと思いますが
オークションなどで購入したような物であれば直すより新しい物を購入される方が良いと思います。

楽器を送っていただければ点検と見積りをさせていただきます。
点検と見積りは無償で行っております。(送料はご負担となります)
宜しければご検討お願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2013/01/29/6794733/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。