EXCELSIOR 2台2015/12/04

偶然ですが、2つのEXCELSIORの調律を承りました。



こちら物は40年近く経過した物です。
若い時に購入してすぐに忙しくなって弾けなくなり、
今から再開する為に整備を行うという事です。
グリルカバーが変形して貼ってある網も剥がれています。
長期間の放置状態ですので、外観より中の状態の方が気になります。



リードを外しましたが、思った以上に良い状態です。
リードバルブの反りや劣化も無く、リードの錆、ロウの劣化もありません。
少しの調整と調律を行うだけで復帰できそうです。
さすがに使っていなかったので汚れやリードバルブの反りは無いですね。
一番心配な錆も奇跡的に出ていませんでした。



もう一台の方のEXCELSIORですが、こちらは古い物ではありません。
先の楽器とメーカロゴの形が違います。
こちらの楽器は4桁番号なのでEXCELSIORの廉価版です。
通常の物は3桁です。(コンチネンタルは番号無し)



グリルカバーを開けると何か違和感が..



こちらは黒鍵のバルブ付近を拡大した写真です。
バルブの中心にある黒いゴムの部品を鍵盤から伸びるアルミニウムの
アームが貫通していますが、何故か貫通した後の部分が長いです。
白鍵のバルブの所まで伸びています。



という訳で、余分を切り落としました。
無駄に突き出ていてもトラブルの元ですし、バネ下荷重は小さい方が
鍵盤のレスポンスもよくなります。
多分、製造時に切り落とすのを忘れたのでしょう。



これでスッキリ、違和感の無い見た目になりました。



4桁番号のEXCELSIORのリードですが、調律の痕が複数あります。
写真の左端のリードはかなり深い削り跡がリードの前後に残っています。
写真では分かりにくいですが、丸やすりで同じ場所を何度も削った感じの
半円形の深い窪みが付いています。
ここまで深く削るとリードが折れる原因になります。
削る位置も少し変ですし、前後をこんなに深く削る意味も分かりません。
製造時の物とは思えないので誰かが調律の練習でもしたのでしょうか?



他にも怪しい補修があります。
リードの付け根の所ですが、木工ボンドらしきものでロウの上から補修してあります。
全部ではありませんが、何箇所かこういうところがあります。
これも製造時のものとは思えませんので、後から誰かが施工したのだと思います。
ただ、意図が不明です。
元より、ロウの上に接着剤を塗ってもきちんと付きません。


古い方のEXCELSIORのグリルカバーです。
変形を直し、はがれた網を取り除きました。
新しい網を貼る予定ですが、これで中も外もリフレッシュできます。
長い年月を経てやっとアコーディオンを再開できる時も近いです。
因みに、ご依頼主さまはmonte accordionから電車で1.5時間以上かかる
遠方なのですが、修理完了後はこちらまでレッスンに来てくださるそうです。



鍵盤式もあります2015/12/06

以前にご紹介したチェリーウッドのボタン式アコーディオンがあります。


同じメーカー、イタリア Castagnari の鍵盤式が入荷しました。
ボタン式モデルと同じようなテイストのデザインです。
グリルカバーの透かし模様はとても繊細な細工がしてあります。



無垢のチェリーウッドボディーに
木彫りのメーカーロゴと寄木の象嵌細工が施されています。



ベースボタンは96ですので、大抵の場合、問題なく使えます。
音色切り替えのスイッチも木製です。



使われているパーツはメーカーオリジナルです。
大抵のイタリア製アコーディオンは、ベルト類や鍵盤、ボタン、リード、金属パーツなど、
専門に作っているメーカーから購入して自社の楽器に使っています。
なのでメーカーが違っても同じ部品が使われている事が殆どですが、
この楽器には幾つかのオリジナルパーツが使われています。
この蛇腹留めは薄い色の天然革にオレンジのコーデュロイが合わさっていて、
メーカの焼印が押してあるオリジナルです。



ベースのベルトにもオリジナル品が使われています。
脚部の金属部品もオリジナルですね。



鍵盤幅は18.5mmで通常の鍵盤より少し細いですが、
よくある細鍵盤の17.5mmほど細くありませんので違和感は少ないです。
Cavagnoloの鍵盤式もこの幅ですので、標準幅と併用していける物です。
少し細い鍵盤と34鍵盤という必要最小限の鍵盤数で、
小型軽量な楽器に仕上がっています。
リードセットはMMLですので、大抵の場合困りません。



ボタン式の物と並べてみました。
さすがにボタン式ほど小さくありませんが、
それでも鍵盤部のボディー幅は39.5mmと小型です。



こうやって並べると大きさがよく分かります。
この2台、価格は同じです。
ボタン式は43音ありますのでボタン式の方が高価になりそうですが。
恐らく鍵盤式の方が高価な無垢のチェリーウッドを沢山使うので
その分で発音数との価格差を相殺しているのだと思います。



重さは8.4kgと軽量です。
34鍵盤、MML、96ベースで8.4kgという事で、
必要最小な機能をコンパクトに纏めた高級機というところでしょうか。



リードはハンドメイドを入れました。
全てに於いてハンドメイドが最上という訳ではありませんが、
この楽器にはハンドメイドの方が合うと判断しました。

小型軽量で見た目も美しく、通常の使用で困らない仕様の楽器はいかがでしょうか?
この楽器、実はお客様のオーダー品なので在庫ではありません。
ですが、いつでも発注可能です。

老舗メーカーの高級機ですが、この後、詳細な点検と細かい不具合の除去と
全体の調律を行ってお渡しします。
どんな楽器でも必ず問題を含んでいますので当店では全品
万全の状態に調整して出荷しております。
万が一の場合にも当店の保障がありますので、
すぐに修理してお返しする事ができます。
調律をやり直しますので、お好みのイメージでお渡しできるのも
専門店ならではと自負しております。


国産の古いアコーディオン2015/12/07

大変古い国産のアコーディオンの修理を承りました。


ご覧の通り、かなり古い物です。
蛇腹の押し引きで音程が変わるダイアトニックアコーディオンです。
昭和初期の物と思いますが、戦前の物の可能性もあります。
かなり保存状態が良いので戦後すぐの物かも知れません。



紙製の箱に入っていました。
KKKというブランドのようです。



男性の絵が入っています。
この時代、アコーディオンと言えば男の楽器というイメージだったのかも知れません。
複音とありますので、MMの楽器ですね。



蛇腹の角の木枠に付いている金具です。
メッキも残っており状態が良いです。
ボディーはなんとも言えない漆塗りの様な綺麗な物です。



蛇腹は破れてはいなさそうです。
内側にマーブルの装飾紙が貼ってありますが今は淡い紫色です。
多分、経年で色が褪せていると思います。
当時はどんな色をしていたのでしょうか?



グリルカバーが無く、バルブがむき出しの構造です。
バルブの幾つかは戻らなくなっており、音が出たままです。
逆に鳴らない音もあります。



左手のボタンは2つしかありません。
押し引きで音程が変わるので4つと言う事もできます。
片方がベース音で、もう片方が和音です。
ボタンはメッキが取れて錆びています。
ベースのバンドの内側にある赤いフェルトは虫食い状態です。

この楽器をきちんと使える状態にするというご依頼です。
近々嫁ぐ娘さんの嫁入り道具の一つにするとの事です。
恐らく、祖父の物と思いますので、きっとお爺ちゃん子だったのでしょう。
きちんと修理して当時の音を楽しんでいただける様に頑張ります。



箱の底に何かあります。



古い楽譜でした。
手書きの楽譜を青焼きした物のようです。
「クシコスの郵便車」、「金婚式」の2つです。
この楽器で弾いていたのでしょう。


国産の古いアコーディオン 22015/12/08

昭和初期の物と思われる古いダイアトニックアコーディオンの修理を承りました。


修理の為の分解を開始しました。
リードは真鍮製でバンドネオンのように一枚の板に一列分の
リードが全て取り付けてあります。



リード部分の拡大です。
貼ってある皮製のリードバルブは反っていて硬化していますので
全数交換です。
リードはバンドネオンのようなL字の金具で留めていますが
周囲は何か白い物で封着しているようです。



さらに拡大した写真です。
古いアコーディオンではリードプレートはシェラックかロウか
ニカワで接着してありますが、この白い物は何か分かりません。
元々、こういう色の物ではなくて経年で白くなった可能性もあります。
いずれにしてもひび割れて劣化していますので除去するしかありません。

陥没しているリードがあります。
音が出ない箇所の一つと思いますが、リードが折れているかも知れません。



左手側のリードです。
こちらは2つの和音と2つのベースだけなのでシンプルです。
和音は3声で、ベースはオクターブ違いの2音構成です。
右側と同様に白い何かで固定されています。



右手側のリードを本体から外したところです。
古い割りには内部は綺麗です。
バンドネオンの様に木枠は固定されていませんでした。



リードを固定している接着剤ですが、白いのは表面だけでした。
表面を除去すると褐色の何かが出てきました。
劣化しているので気密は悪いでしょう。



L字の釘を外すとリードと木枠が分離できました。
リードの内側のリードバルブも反って硬化しています。



リードを綺麗に掃除して新しいバルブを貼りました。
複音なので同じリード列がもう一枚あります。



左手側のベースリードです。
皮は激しく反っています。
周囲の接着剤は真っ白でやや透明感があり、まるで霜が降りているようです。



リードを取るとこんな感じです。
リードの下には共通の穴が一つだけです。
右にある囲いの無い穴は空気バルブ用の穴です。



左手のバルブは空気ボタンの物も含め、リード直下の隔壁にはありません。
これは最近の楽器と大きく違います。
本体の操作部、要するにボタンの真下がバルブです。
バルブに直接ボタンが付けてあります。
これはベースのボタンですがボタンの下に穴が二つあり、
直下には長方形のバルブがあり、二つの穴を同時に塞いでいます。



ボタンを押した時はバルブが開いて穴の周囲に隙間ができます。
バルブの一辺を軸として固定しているので開くと傾斜がつきます。
この楽器では3つあるボタンに3つのバルブがあり、
操作部分直下のバルブから空気が出入りします。
本体の内部は3分割されていて、それぞれ、ベースリード、
和音のリード、空気穴の部屋になっています。
リードが少ない楽器でしか実現しない方法です。



楽器内部に検査印がありました。
年月は書いてありません。
「ACCORDEONS 林」と書いてあります。
何故か英語のACCORDION 綴りではありません。



蛇腹の内側に虫の抜け殻があります。
この楽器にはあまりフェルトが使われていませんが
恐らく、左手のベルトの内側に貼ってあるフェルトを食べた虫でしょう。



古いEXCELSIOR2015/12/09

少し前にブログに書いた、古いEXCELSIORの修理を行なっています。



若い時に購入し今まで大切にしてきた楽器ですが、
外観もリフレッシュする為にグリルの網を交換しました。
黄ばんだ網から黒銀の網になり、かなり印象が変わりました。

グリルカバーの変形も修正しましたが少し変です。
カバーから出ているスイッチの突き出しが少なく、
スイッチを押すとカバーの穴の周囲に指が当ってしまいます。



カバーを外してみると、スイッチの並んでいる部分の部品が
変形している事が分かりました。



中央がくぼんでいるので両サイドが斜めに上がっているように見えます。
この為、スイッチと連動する部品が台と干渉していますので動きも悪くなっています。



バルブのロウは劣化してヒビが入っています。
年代的にはバルブ材の交換時期ですが、今回は見送りです。
バルブ材を交換するとバルブが閉じる時の音が小さくなり、
鍵盤の高さが下がり、ストロークが本来の浅い状態に戻ります。
高さの不揃いも直り、ロウも新しくなりますので、
費用は掛かりますが古い楽器にはお勧めの修理です。



スイッチを外して定規と並べてみると部品の変形が良く分かります。
スイッチ部分は突き出ているのでソフトケースで運搬をしていると
思わぬ外力が掛かってこのように変形する事があります。



スイッチ部分の修理をして突き出しが改善しました。



ベースのバンドは切れていませんが古くて硬くなっているので交換です。
この部分は背バンドと違って切れる事は少ないですが
古くなると硬化して手の甲が痛くなります。
新しくするととても弾きやすくなります。



空気ボタンの下にあるフェルトは虫に食われて無くなっています。



ベースのバルブが心配でしたが、バルブのフェルトは
虫食いになっていませんでした。



空気ボタンのバルブをリードのある内側から見た写真です。
穴の周囲に黒い影がチラッと見えたので怪しいと思いましたが..



空気ボタンを押してバルブを開いてみると
バルブの位置がずれてバルブの端が穴の内側に掛かっている事がわかりました。
この修理で空気漏れがかなり改善しました。