中国製アコーディオン2016/01/22

ネットで新品のアコーディオンを購入したという方から修理を承りました。
音がおかしい箇所があるという事でしたので、
新品なら購入したところで修理か交換してもらったらどうですか?と、
お伝えしましたが、販売した店では対応不能という事で修理する事にしました。



届いた楽器は小さな22鍵盤の楽器です。
音符柄のかわいらしいグリルデザインですが中国製の楽器です。



症状を確認した後に中を開けてみました。
右手側のリードですが、リードバルブが反っている箇所が多数です。
30年以上使った楽器のような感じですが新品です。



中国製の低価格なアコーディオンでは常ですが、使っている材料が悪い為に
不具合が出ています。
天然革の部品は厚さや硬さが不安定で様々な不具合が出ています。
バルブを押さえている細い金属のバネも柔らかい銅なのでバネ性が乏しく
すぐに変形してしまいます。
リードの調整もかなり適当です。



本来、全て交換が望ましいのですが、費用をかけたくないという事で
最小限の修理を行う事にしました。
色が薄い皮は当店で交換した部分です。
最小限といっても半数近くの交換になります。
見えていない木枠の内側にも貼ってあるのでかなりの数です。
22鍵盤の場合、右手側のリードの数は、22×2×2=88 にもなります。



ベースリードの方はリードが大きいので皮の悪い影響が出やすく、
かなりの部分の交換をする事になりました。
この楽器の左手リードの数は、12×3×2=72 です。
アコーディオンとしてはかなり小さな物で音色も固定ですが
リードの総数は160です。
アコーディオンは小さくても高価な楽器になるのは仕方が無いところです。

本来であればこの後、全体の調律を行う必要がありますが、
やはり費用をかけられないため、大きくずれている箇所のみ調律を行いました。
実際には殆ど全ての箇所が大きくずれていますが..



補修した結果、取り敢えず演奏可能な状態になりましたが、
細かい不具合は多数残っています。
鍵盤も曲がりがあるので隣合う部分の隙間に粗密があります。
鍵盤がぶつかってしまう為、操作するたびにノイズが出てしまいます。
最小の補修では快適に楽器を楽しむ事は難しいと思います。

中国製の安い楽器はかなりの修復をしないと楽器として使う事ができません。
当店でも、気軽にアコーディオンを始められるように低価格な楽器として
中国製の物を置いていますが、修復にかける時間は1週間以上です。
利益を考えると全く採算が取れませんが、
最初の一歩を踏み出せるように、嫌にならずに続けていただけるように、
その為には必要な事と思っています。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/01/22/8404472/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。