再会2016/02/06

アコーディオンの左手を通すベース部分の
バンドの交換依頼がありました。
これはベースストラップという名称の物です。



ご依頼の楽器はHOHNERのConcert IIITという機種です。
この機種ですが、私が初めて購入した物と同じです。
21年前に普通の楽器店で取り寄せて購入した懐かしい楽器です。
1年後に41鍵盤のイタリア製の楽器を購入したので
その楽器は手放してしまい、今は持っていません。



これがベースストラップですが合成皮革の物で
表面がボロボロに剥がれてきています。
この部分は切れる事は滅多にありません。
その為、交換せずに長く使っている楽器を頻繁に見ます。
ですが、表面が硬くなっていたり、ひび割れが出ていて
演奏すると左手の手の甲が痛くなってきます。
ベースストラップは消耗品なので5年を目途に交換をお勧めします。
古い物を交換すると驚く程、操作が楽になる事が多いです。



併せてに各部の清掃を行いました。
長く使われていて、かなりの埃が溜まっています。
この機種は既に生産されておらず、現在は
Bravoという機種が代わりのクラスになります。
Bravoと各部の作りがそっくりで、かつてのHOHNERの
詳細までコピーされている事が分かります。



楽器の裏面ですが、MADE IN GERMANY と明記されています。
残念ながら現在の機種にこの文字はありません。

ところでこの楽器、驚いた事に私が最初に買った楽器そのものです。
日付は私が購入した時に貼り付けた物です。
胸当ても当時、私が付けたバックスキンの手製の物です。
まさか修理依頼品としてこの楽器に再会できるとは..
これを買った頃には今の自分を全く想像していませんでした。
1995年11月、この楽器を手にした事で新しい事が沢山あり
そして今に至っています。
私の人生を変えてしまった1台のアコーディオンです。
再会があまりにも嬉しくてちょっと演奏させていただきました。

これをお持ちの方にも20年近くぶりに再会しました。
私が経営している事を知らずにご来店されてお互いにビックリです。
嬉しい事にこれを機会に親子でレッスンに
来ていただける事になりました。
これからもこの楽器が活躍し沢山の事を運んで
来てくれることと思います。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/02/06/8424592/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。