中国製アコーディオン32016/02/07

このところ、中国製アコーディオンの話題が多いですが、
新たに中国製アコーディオンの修理を承りました。




修理の内容はベースの修復です。
購入したアコーディオンのベースボタンに問題が出て
自分で分解したところ元に戻せず..という状況です。
という事で、この状態で届きました。



安価なアコーディオンですのでベースメカニックは簡単に
全て取り出せるタイプです。
この方式はメンテナンスが楽になる場合が多いですが、
メカニック自体に問題があると分解するしかなく、
通常のイタリア方式より面倒になります。
この楽器も結局、分解してボタンを外してから
戻す作業を行うしかありませんでした。



無事に元通りに戻ったところです。
まだ楽器の中には納めていません。



ベースメカニックを楽器に戻して、楽器と繋がって
ロックされる箇所ですが、うまく合いません。
分解する時に捻ったようです。



分解された状態の楽器は元の状態を知らずに直す事になるので
難しい場合があります。
経験と想像と、内部に落ちていた部品から考え、
これが元の状態と思います。



ベースの底板の穴には塞いであります。
恐らく、左右の音量バランスを補正する為に
ユーザーで貼ったものと思います。



蛇腹の内部に何か付いています。
リードに挟まれば音が出なくなりますので除去しました。



接着剤?か何かのようです。



ボディーには装飾がありますが塗っただけの仕上げです。



イタリア製などでのきちんとした装飾は
溝を彫った上で塗装しているので仕上げと耐久性が違います。



鍵盤先端の成型にバリが出ています。



右手のリード部分ですが、リードバルブが最初から浮いています。
また、対向するリードの距離が近すぎて干渉しそうです。
設計と材料選択に問題があります。



付属ベルトの縫製がかなり粗いです。
中国製のアコーディオンの中でも上下があります。
安い物は楽器というより玩具です。
楽器として使って行きたい方は選択を誤ると
時間とお金を損失します。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/02/07/8424596/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。