中国製アコーディオン62016/02/13

贈り物用として自分で購入した中国製の小さなアコーディオンの
整備をしています。
機能的な部分の整備は完了しました。



調律が完了しました。
見た目は何も変わっていませんが..



グリルカバーに張ってある網が医療用のガーゼみたいな感じなので
もうちょっと見栄えのする物に交換します。



一般的なアコーディオンに使うような網に交換しました。
これで外観も少し変化が出ました。
左手側の網は交換しませんでしたが、
貼り方が雑だったので張り直しをしました。



付属のベルトは大人が使える位の長さがあります。
調整範囲が狭く、小さな子供には適合しませんので、
少し短く詰め、調整範囲を拡大する為の穴を多数空けました。



これで一通りの整備が完了しました。
楽器の背面にこのステッカーを貼って全て完了。
当店での整備実施の証です。
低価格な玩具としてのアコーディオンですが、
整備をしてなんとか使える物になりました。
修正が必要な項目が多かったので意外と時間が掛かりました。
後はプレゼントする日を待つのみです。



追記
当店で講師をしているアンジェロさんの
娘さんが3月、無事に誕生しました。
整備した小型アコーディオンを贈らせていただきましたが、
すぐに写真が送られてきました。
かなり小さなアコーディオンですが、使えるには
まだ数年掛かりそうですね..

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/02/13/8451305/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。