Castagnari クロマチック2021/03/01

イタリアのダイアトニックアコーディオンを専門に作っている
老舗メーカー、Castagnari から新しい楽器が入荷しました。


Castagnari は、カスタニャーリという発音です。
創業100年を超える老舗メーカーで、主にダイアトニック式を
作っていますが、今回入荷した物はクロマチック式です。

音域は43音あり、リードセットはMMLで、
ベースは4セットリードの96ベースです。
この仕様であれば殆どの場合、困らないと思います。

重さは実測値で8.8kgなので小型軽量と言って良いでしょう。
因みに、メーカー発表値は8.5kgです。
メーカーサイトやカタログ値は鵜呑みにしてはいけません。
大抵の場合、表示より重いです。


無垢のチェリーウッドボディーに高級感のある装飾があります。
ベースの切り替えスイッチは木製です。
蛇腹の表面は黒にCastagnariの頭文字Cをイメージした
金色のデザインが施されています。
どことなく和の印象も感じるデザインですね。


寄木の象嵌細工による装飾と木彫りのメーカーロゴです。
木という素材に拘っています。


象嵌細工は上下面にもあります。
表に見える部品にオリジナルを多用しているのも特徴です。
イタリアなどヨーロッパのメーカーでは金具類や蛇腹留めなどの
パーツを共通の部品で作っている場合が殆どで、
細かい部分を見ると同じ物になっています。
それは小物部品はイタリアの専門メーカーがそれだけを作っていて、
それをアコーディオンメーカーが買って使うからです。
コストダウンにとても有効な方法ですが、
どれも同じになってしまう面があります。
カスタニャーリではオリジナルの蛇腹留めやベルト金具などを用いて
全体として他と同じにならないデザインとしています。


蛇腹も単純な黒と赤ではなく、内側の赤い布には
オリジナルの柄が入った物を使っています。


これは背面にある右手の音色切り替えスイッチですが、
この部分にも拘りが見えます。
レバーのトップは木製で3つそれぞれに色を変えています。
スイッチ根元の木製カバーにも切り抜きの細工があります。
表から見えない部分も手抜き無しです。

このスイッチ(レジスター)は上下に振れて5種類の音を
切り替えます。(真ん中のレバーは上下同じMMLです)
背面にレジスターがあるので楽器全体のデザインとしては
フレンチタイプのボタン式となっています。


ベースの底部になる部分です。
ここには透かし彫りとメーカーのマーク、創業年があります。
4箇所にある脚はオリジナルの金具です。
殆どのヨーロッパの楽器ではイタリア製の脚部品でできているので、
数種類の共通したデザインになっている箇所です。

手を通すバンド(ベースストラップ)もオリジナル。
薄茶色の革にオレンジのコーデュロイが付いています。
これは蛇腹留めと共通デザインです。


楽器の内部です。
これはボディーの断面です。
チェリーウッドの無垢材ですので、合板の様な縞模様がありません。
表に見えている面は素材の木目そのものになっています。


リードを取り付けている木枠にはオリジナルのスタンプがあり、
木枠自体に塗装をしていません。
軽量化と独自の音に繋がっているのかも知れません。


リードは最上級とされるハンドメイドです。
楽器の外観はフレンチタイプですが、リードはロウ留めです。
ボディーの無垢材と相まって硬さと柔らかさの両方を感じる
独自のサウンドを得ています。


ベルトもオリジナルです。
ベルトはやはり共通のデザインで、薄茶の革にオレンジの
コーデュロイです。
ケースの内側は緑色のボア張り。


ケース自体はケースメーカーが作っている物ですが、
内張りやハンドル部品、表の金属製のマークなどオリジナルの
部分を持つ物です。

これだけの拘りを持った製品ですので仕様に対して少し高価です。
ですが、独自の外観や音による楽器として、モノとしての
所有する喜びをもたらしてくれる、価格以上の価値のある
素晴らしい楽器です。
長く使っても飽きがこなくて、不要になっても売却できる事を
考えると高い買い物ではないと思います。
在庫している時はいつでも試奏できますのでご興味ある方は
是非、ご来店いただいて実物を見てみてください。
勿論、ご購入の際は調律をお好みに調整し直し、
保証を付けてお渡しとしています。

バヤンの修理22021/03/10

ロシアのアコーディオン、バヤンの修理を行っています。


右手側に続いてベース側のリード周りの修理が完了しました。
一般的なアコーディオンよりベース側のリードが多いです。


ベースリードを真横から見た状態です。
左側に小さな木枠があり、右に大きな木枠があります。
左の方は12音、2列のリードが並んでいて、
これは和音のボタンのみで鳴ります。
右の大きな木枠には12音、4列のリードが並んでいます。
分離不能な木枠に1音で4対のリードがあり、
共通の一つの穴からの空気の出入りで鳴っています。
こちらのリードはベースのボタンだけで鳴ります。

一般的なアコーディオンでは12音のリード列が4か5あります。
そして、ベースボタンを押すと全ての列が鳴り、
和音のボタンを押すとそのうちの2か3の列が鳴ります。
つまり、和音のリードとベースのリードは共通で使っています。
このタイプのバヤンでは和音は独立しているので
余分なリードが必要なので非効率な訳ですが、
ベースメカニックの機構はその分、簡略化できます。

メンテナンス時に問題となるのが、4対のリードが1つの穴の
空気の出入りで鳴っていることです。
調律する為には音を一つにする必要があるので残りの3音を
出ないようにする必要があります。
アコーディオンの様に穴が独立していれば塞ぐだけで済みますが
穴を共用していると調律作業はとても大変になります。
これと同じ苦労はバンドネオンにもあります。


リードの木枠を留めているのはL字の金具です。
バンドネオンのリードプレートを留めている物と似ていますね。


リードの木枠ですが、木枠を留めるL字の金具が掛かる部分が
傷んでいるので調律の前にこの部分を修復します。
それが済めば後はひたすら調律です。


という訳で、調律が完了し、ボタンのフェルトも交換し
全ての作業が完了しました。
こうして横から見ると独特のフォルムです。
バヤンはキーボードの後ろ側にもバルブがあります。
右手のバルブはボタンの段数分の3列ありますが、
最後の1列はボタンよりも背面のスペースにあります。
これはボタン式アコーディオンとは異なる部分です。
右手側のリード列はボタン3列分に分けられています。
この楽器はMMなのでリードの木枠は3本です。
楽器の厚みがあるのは右手のリードではなく、
ベースリードのボリュームによるものです。


バヤンの形状はフレンチタイプのボタン式と良く似ています。
フレンチタイプもボタンの3列でリード列を分けていますので
MMの楽器ならリードの木枠3本ですが、この楽器は
MMMLなので6本もあり、そのために楽器が厚くなっています。

全体の形状や蛇腹留めが無い事など、バヤンと共通部分があります。
ですが、リードの留め方やベースボタンの形は違います。


インターナショナルのボタン式はバヤンやフレンチボタンと
かなり違っています。
鍵盤式アコーディオンの右手部分のみを変えたような感じですので
リード列もMMなら2本です。
この楽器はHMMLなので4本です。
鍵盤式と同じような楽器の厚さにできます。
その分、上下の長さは長くなります。

バヤンとフレンチボタンは共通部分が多いので
どちらかが影響を与えたのではないかと思います。
どちらが先なのかは分かりませんが..


長年使った楽器の修復2021/03/10

若い頃に購入して40年以上使ってきた楽器の修復をしています。


リードに付いている革製のリードバルブは劣化により
硬化と反りがあるので全て交換です。
右手側は完了し、ベース側を進めています。


恐らく一度も交換していないベースストラップです。
切れてはいませんが硬化と縫い目が取れて2枚に分かれています。
このバンドは簡単には切れないので長く使っている方が多いですが、
5年程度での交換をお勧めします。
切れなくても硬化したり手の当たる所に亀裂ができて
手の甲が痛くなりますし、伸びて一番締めても緩かったり、
亀裂ができて外観が悪かったり色々出てきますので。
交換するだけで演奏がずっと楽になります。


空気ボタンが傾いています。
ここまで傾くと戻りが悪くなって空気漏れが起きる事も。


ベースボタンも複数個所で傾いています。
戻り不良で音が出たままになる事があります。


ベースの開口部の網が破れています。
埃や異物、虫の侵入がありますし、外観も悪いです。


長年使っていただけあって埃の堆積が凄いです。


右手のバルブ周りも埃が凄いことに。
調律を行う時にクリーニングもしますので、定期的に行う事を
お勧めいたします。


この楽器、40年以上経過していますが良い部分があります。
これは右手のバルブですがフェルトに虫食いが全くありません。
フェルトの虫食いは古い楽器にはつきものです。
バルブのフェルトに食害で穴が空くと空気漏れを起こしますし、
交換すると費用が大きく掛かります。
同様にリードの錆、リードを留めているロウの劣化は楽器として
使えない程の問題になり、修復費用も大きくなりますが、
この楽器はリードの錆もロウの劣化もありません。
なので年代の割りに修復費用が多く掛かりません。

30年以上経過した楽器であれば、フェルトの食害、リードの錆、
ロウの劣化などの問題が起きている率が高くなります。
安くてもそういう中古を買えば楽器として使えませんし、
修復するにも費用が多く掛かってしまいます。
そんな楽器でも音は出たりします。
音が全て鳴るというだけで楽器の中も見ず、音も聴かずに
購入するのは本当に止めた方がいいです。


グリルカバーが大きく凹んでいます。 鍵盤を押すと
持ち上がったバルブが当たってカツカツと音が出る程です。
鍵盤も高さにバラつきがありますね。

グリルの凹みは子供が座ったとか..
買った当時は山や海にキャンプに持ち出したり大活躍していた
そうです。
その後は子育てや体調のことで休止していた期間も。
年月分の思い出の詰まった楽器を当時のように使えるよう
修復作業を続けさせていただきます。

一年一度2021/03/11

いきなりですが、煮ています。
リードを留める為のロウを溶かしている、
という感じの画像ですが違います。

今日は木曜で定休日。
自宅でお菓子作りをしています。
鍋の中身はバター。
バターを2箱分を加熱しています。


その他の材料はこれだけ。


バターを煮ている間にレモンの皮をおろし器で削っています。
皮を使うので国産レモンの有機栽培。


バターが濃い色に変わりました。
いわゆる焦がしバターです。


卵をボールに割り入れて攪拌。
今日は機械でやります。
何年かぶりにホイッパーを出してきましたがまだ使えそうです。


砂糖を計量。

お菓子作りをすると使う砂糖の量にビビります。

卵に砂糖を全量加えて更に攪拌。

このタイミングでレモンの皮も入れます。


さすが機械を使うと早いです。
短時間で、もったりして嵩が倍くらいになるまで攪拌できました。


小麦粉を振るって入れて攪拌。
ここからは手動です。


小麦粉を全量入れて均一になるまで攪拌しました。
かなり重いので手が疲れます。


さて、あとは型に入れて焼くだけですが..
最近は年に1回しかやらないので普段使っているオーブンレンジは
汚れていてすぐに菓子を焼ける感じではありません。
ペーパータオルに水を含ませ少しレンジで加熱して内側を拭き掃除。
年に一回、レンジ内を掃除する良い機会になっていたりします。


紙製の型に原料を入れました。
4本分取れました。


予熱後にオーブンへ投入。
オーブンの容積ギリギリ..
二段にすればまだ行けそうですが。


焼成です。(焼成って言わないかな?)
取りあえず、160℃、50分。


焼いている間にシロップを作成。
砂糖と水にレモン汁とレモンの皮の残りを入れて煮詰めます。


ジャムも加えて照りを出します。


シロップには洋酒も欠かせません。
アマレットとブランデーを使いました。


焼きあがりました!
結構綺麗にできています。


シロップを塗ってレモン風味のケーキが完成!
来年は何を作ろうか..

バンドネオン修復のご依頼2021/03/16

バンドネオンの修理を承りました。

バンドネオンの修理が来る時はとても古くて使い倒したような
物の時が多いですが、この楽器は外観を見る限り、
酷く傷んでいる感じはありません。
象嵌細工などの装飾はありませんが悪い物では無さそうです。


塗装にひび割れがありますが剥がれてくるような感じはありません。
AAのマークが入っています。
AAが重なっている物は戦後、ドイツで作られた物らしいですが
私には詳しいことは分かりません。

鳴らしてみると殆ど音が出ません。
大抵の楽器は傷んでいても音が出ますが、蚊の鳴くような音か
雑音のような音しか出ません。
しかも殆ど全てのボタンでそのような感じです。
外よりも中の方が大変なことになっている予感がします。


中がどうなっているか確認してみました。
リードに貼ってある薄い革の部品、リードバルブは劣化して
反りが激しい状態です。
向かいのリードバルブに干渉するくらい反っています。
これは全数交換の必要があります。


リードに錆が出ています。
リードプレートも白く粉を吹いたようになっています。
バンドネオンのリードプレートは亜鉛でできていて、
これがバンドネオン特有の音を作っている理由のひとつですが、
亜鉛の表面が酸化して(錆びて)表面が曇っている状態です。
音がきちんと出ていない原因は恐らくリードと
リードプレートの錆でしょう。
リードの錆とリードプレートの表面を磨けば
音が出るようになると思います。


ボタンやバルブのアクションはしっかりしていて
作りも良い物ですが、ボタンの下にあるクッションが
ダメになっています。
一般的にはフェルトや革を使う場所ですが発泡ウレタンが敷いてあり
劣化して柔軟性はゼロでボロボロに崩れています。
これは取り除いてフェルトに交換する必要があります。


ボタンの別の位置にもウレタンが使われて劣化しています。
このような比較的新しい素材を使っていて、
材料の長期の特性も分かっていないので、
やはり戦後に作られた楽器と思います。
アコーディオンでも合成樹脂やウレタンを使って後に
劣化で問題が出る楽器をよく見ます。
大抵、昭和30~50年あたりの物です。
もっと古い楽器では金属以外のところは、
木、革、紙といった天然素材が使われています。


蛇腹と蓋部分の合わせ目にある革のパッキンも劣化しているので
改める必要があります。
空気漏れが多少、改善するかも知れません。
空気漏れが少しありますが大部分は蛇腹からのものと思います。


バンドネオンは蛇腹に蓋をするような格好で1枚の板があり、
板の内側にリード、外側にバルブやボタンがある構造です。
コンサーティーナなども同じ様な構造ですが、
その板の部分に亀裂があります。
この板はバルブ以外の所からの空気を遮断する役割があるので
亀裂があると空気が漏れます。


ボタンを押してバルブを上げると亀裂はバルブの下まであります。
これは亀裂を修復する必要があります。
このような亀裂は何箇所か確認できました。

内部はかなり傷んでいて相当の修復が必要な楽器です。
バンドネオンは修理、調律が大変なので費用と期間が
とても掛かりますが、修復を行う事になりました。

この楽器の修理を依頼された方は元々、この楽器の持ち主ではなかったそうです。この楽器の元の持ち主は、修理を依頼している方の先輩という事です。その先輩は大学時代にアルゼンチンタンゴのギターアンサンブルでリーダーをされていたとの事です。その先輩が1970年より以前にアルゼンチンで手に入れてきた楽器がこのバンドネオンです。

その先輩にあたる方は何かのご病気になり、長い闘病の末に亡くなられたそうです。修理のご依頼をされた方は大学時代の後輩という間柄で、昨年の一周忌の時に先輩の奥様から譲り受けたのがこの楽器という事です。長い期間使われずに、居間の食器棚と天井の間のスペースに置かれていたと聞きました。内部の錆は日本の高温多湿の環境で閉じた空間に使われずに長く置かれた事が原因と思います。

修復費用がかなり掛かりますが、それでも楽器を復活させたいという想いがとても伝わってきます。亡くなられた方はさぞかし無念であったと思います。この楽器を修復して使える物とする事ができれば関係者方々の気持ちの整理の一助となるかも知れません。
この楽器本来の音を取り戻すために尽力させていただきます。