ベースの組み換え2021/10/25

ご購入いただいた楽器の改造をしています。

新品の楽器ですが、ベースレジスター(音の切り替えスイッチ)の1つに
必要のない組み合わせのものがあったので有用な組み合わせを提案させていただき、
了承を得られましたので改造しているところです。

この後は、点在する細かい不具合の修理、全てのリードの発音調整、
全体の調律を行いお渡しとなります。
MMの波の速さはお好みを確認済みですので調律時に合わせます。
これらの作業は新品のイタリア製楽器でも必須となりますので
すぐにお渡しする事はできません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2021/10/25/9442074/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。