鍵盤ハーモニカの調律2016/01/06

滅多に来ないのですが、鍵盤ハーモニカの調律を承りました。
お客様はアコーディオンの修理で以前にもお世話になっている方です。



当店では、口で吹くリード楽器のアコーディナ(Accordina)を販売しているので
同属楽器の鍵盤ハーモニカの修理、調律も承っております。
今回の楽器はオレンジメタリックカラーの高級な物です。



スズキ楽器のPRO-37という楽器です。
お客様による調律の狂いの指摘箇所は付箋が貼ってありますが
全体の調律を行います。

私もアコーディオンを始めた頃に気軽に持ち出せると思い、
同じスズキ楽器のPROモデルを購入した事があります。



外のケースを外しました。
すると昔の記憶が蘇りました。
黒い内側ボディーに長方形のゴム板が貼ってある箇所があります。
吹き口のすぐ後のあたりです。
私が以前に購入した時すぐに分解し、この謎のゴム膜を確認して
すぐに埋めた記憶があります。

このゴム膜は内部の圧力が一気に上がらないように逃がしている物と思います。
考えつく理由は2つあり、一つは低音のリードではあまりに強く吹くと
反応しなくなるのでそれを防ぐ事と、ゴムの復帰による余韻的な効果を生む為?と
思いますが本当のところは知りません。
最初にこの楽器を鳴らした時に安い楽器と比較してダイレクト感が無いな..と
思いましたが分解してこのゴム膜が息の急激な変化を吸収している事が分かり、
板で埋めてしまいました。
息の急峻な変化を表現の為に与えてもゴムがペコペコと動いて
圧力変化をなだらかにしてしまうのでダイレクト感が損なわれます

この機能は、Proと名の付くモデルより低価格なモデルに付けた方が
良いような気がします。
Proレベルの奏者は自分で息を細かくコントロールできますので、
余計な楽器任せの制御は不要と思うからです。
Proレベルの方はここを埋めて息のダイレクト感を高めてみる事をお勧めします。



内部のケースを分割しました。
鍵盤ハーモニカの大半はリードの後にバルブがありますが、この楽器もそうです。
アコーディナやクラヴィエッタではバルブの方が先にあります。
後、先、というのは空気の流れる順番の意味です。
鍵盤ハーモニカの殆どが何故、後バルブ式なのかは知りません。
アコーディナのように先にバルブがあるとリードはケースの外側に出てきますので、
分解せずに調律ができますし、音もダイレクトに外に出てきます。
アコーディナなどではバルブは息の吹き込みで閉じる方向に動くので
空気漏れの心配もありません。
エンジンのバルブと同じように内圧が上がると閉じる方に働くという事です。

後バルブの場合は息で内圧が上がると開く方に動くので
空気漏れが起きやすくなります。
それを防ぐには鍵盤のバネを強くする必要が出ます。
後バルブでも構造を工夫すれば逆向きに作れそうですが複雑になりそうです。

色々考えると、先バルブの方が良い点が多い気がしますが、
特許とかの関係でマネできないのでしょうか?
それとも、別の何か大きなメリットがあるのかも知れません。



息で吹く楽器ですので、ちょっと吹いただけでリードが結露します。
結露は吐息中の水分が楽器内の冷えた部分に触れる事で起きます。
後バルブの場合は吹き口からすぐにリードとなるので結露もしやすいです。
結露は調律のズレや発音不良の元になりますので、
できれば演奏中でも最小限にしたいところですが..
子供の時に学校でやった時のようなホースを使った演奏をすると
結露はしにくくなりますが、私はホースでの演奏は見た目が悪いので
あまり使って欲しくないアイテムです。
吹く楽器、例えば縦笛やサックスやフルート等々..
ホースで繋がっていて吹く方法でやったら..
想像するとやっぱり格好悪い。

アコーディナの古いオリジナルの物や同じ時代のクラヴィエッタ、
古いHOHNERの鍵盤ハーモニカでは吹き口からケースの外周に沿って空気を流し、
末端でUターンさせてからバルブやリードに届くようになっています。
ケースの底が2重になっているのでそんな事ができますが、
リードに届く前に息が冷却され結露が先に終了するという機構です。
大変凝っていますが最近では省略されている機構です。
結露防止の為にS字の細い金属管を吹き口にしている
鍵盤ハーモニカ的な楽器をアコーディオンメーカーが作っていた事もあります。
ホースじゃなくて金属の管だったらカッコイイですね。



リード周りの清掃とリードの調整を行なった後に調律を行いました。
鍵盤ハーモニカの調律は結構難しいところがありますので、
アコーディオンより単純ですが時間はそれなりに掛かります。



クラビエッタの修理22015/08/05

今は製造されていない鍵盤ハーモニカのClaviettaを修理しています。



硬化変質したバルブを取り除き、古いパッキンシールも取りました。
バルブ当たり面の錆や汚れを綺麗にしたので後は
パッキンとバルブを元に戻すだけです。



新しいバルブ材を作製しバルブ本体のネジに取り付けました。
このバルブ本体ネジは専用の特殊な物なのでなくすと大変です。
また、鍵盤側の取り付けネジは非常に細いので取り外しや取り付けは
細心の注意が必要です。
折ってしまうと代わりの部品は存在しません。



バルブを取り付け、パッキンシールも取り付けました。



本体の組み立てを終えてハードケースに収めました。
バルブを交換したので高さがバラバラだった鍵盤がフラットになりました。
今回は調律を行わないで様子を見るという事でしたので、
これで梱包してお客様にお返しします。
手に入れた時が鳴らない状態でしたので、
これで初めてクラビエッタを体験できますね。



クラビエッタの修理2015/08/01

イタリアでかつて作られていた鍵盤ハーモニカ、Clavietta の修理を承りました。
既に作られていない楽器ですが、偶に修理に来る事があります。
以前にも数件、修理させていただきました。



届いた楽器ですが、いきなり、吹き口の樹脂部品が割れています。
これも修理内容の一つかと思いましたが、状況からして輸送事故のような気がします。
以前に見た吹き口は柔らかいビニール製の物でしたが、
こちらは硬いプラスチック製です。



不具合の症状は多大な空気漏れですが、原因は簡単に分かりました。
鍵盤の下にある開閉するバルブですが、何故か茶色の脆い固体でできています。
しかも大きく変形しています。
今まで見た物はゴム製です。
吹き口同様、硬い樹脂になっているのでしょうか?
でも、ここは気密を取る重要部分なので、普通に考えて柔らかい素材にすると思います。
変形が大きいので元は柔らかい素材だったのでしょう。
経年劣化により、変形、硬化、ひび割れしたという事でしょうか。




リードの方は特に異常は無さそうです。
バルブを修理すれば普通に使えると思います。



それにしても、薄い焼き菓子の様な感じで、元の状態が想像しにくいです。
当時の新素材でも使ったのでしょうか?
樹脂系の材料は長い時間経過しないと真価が分からないところがあります。



取り敢えず、バルブを全て取り外しました。



バルブを取り外した本体です。
この後、パッキンを交換して、内部清掃の後にバルブ材を交換する予定です。



メロディカ整備2014/10/31

HOHNERのメロディカという楽器の整備を承りました。


楽器を分割したところです。
合わせ目のパッキンと黒いスポンジ部分は交換します。



裏蓋は二重構造になっており、吹き口から入った空気は一旦、
裏蓋の外側にある空間に入り折り返して丸い穴の部分からリードへ導かれます。
すると吹き込んだ息の中の水蒸気が裏蓋の冷えたところで凝縮して水となり、
下部に溜まり、リードのところで水が付きにくいようになっています。
オリジナルのアコーディナではこれと似た構造をしていました。



古いパッキンを剥がしました。



パッキンを剥がした後に綺麗に磨いたところです。




裏蓋に新しいパッキンを貼り付けました。
これで気密が良好になります。



リードは真鍮製のプレートに直付けされており、リードも真鍮製です。
メロディカの柔らかい独特の音はこの作り方によるものと思います。
真鍮に腐食が起きており、リードの動きに支障は出たり、調律に狂いが出ています。



リードプレートを外す為には全ての鍵盤を外必要がありました。



鍵盤に付いているバルブ材はまだ使えそうです。
何故か3色ありますが、特に意味は無いようです。



リードの清掃を行いました。
後は組み立てて調律を行えば作業終了です。
簡単な楽器ですが、整備すると意外に時間が掛かります。


メロディカ2014/10/28

HOHNER の Melodica という、鍵盤ハーモニカの様な楽器の調律を承りました。
当店ではAccordina を取り扱っているので、それに類似した楽器の
修理や調律も行っています。



メロディカは既に新品で作っていませんので、
新しい物はありませんが、この楽器はかなり外観が良いです。
薬のカプセルの様な独特の形をした紙のケースもそのままです。



裏面です。
HOHNER のマークとMADE IN GERMANY の文字があります。



裏蓋は、ぐるりと一周、ネジ留めされています。
古い設計なのでネジはマイナスネジで、外す前は全て同じに見えますが
外すと形が違っています。
こういう設計は時々ありますが、ネジの位置を取り違えないようにする必要があります。



裏蓋はアルミニウム製で、合わせ目にパッキンが入っています。
パッキンは交換時期に来ています。



裏蓋はオリジナルのアコーディナと同じように、二重底になっていました。
吹き込んだ息を最初に裏蓋と二重底の隙間の狭い空間を通し、
冷えた壁面に接触させる事で、呼吸の中の水蒸気を凝縮させ、
リードやバルブの所で水蒸気の凝縮を減らす為の機構です。
低価格な教育楽器にしては凝った作りです。
吹き込んだ息を二重底の上の空間に行かない様にする為の
隔壁の役割をする黒いスポンジ(画像中の黒い物)は交換時期です。



外観は綺麗でしたが、やはり内部はそれなりに傷んでいました。
リードが一枚板に付いていて、板もリードも真鍮製です。
この楽器は独特の音が出ますが、リードの材質によるものと思います。



リードの拡大です。
錆の様な変色があり、表面もザラザラになっています。
この影響で調律に狂いが出ているものと思われます。



表の蓋を取ると鍵盤とバルブが出てきます。
樹脂の簡素な鍵盤ですが、軸が一本に白鍵と黒鍵が交差する向きに付いていますので、
鍵盤を押して傾く向きが白鍵と黒鍵で逆方向になります。
鍵盤が小さい事と、この傾きが逆になっている事で、操作は難しいです。
子供が使う事を想定しているものと思います。



バルブは繊維状の合成樹脂を固めた様な素材で出来ており、このまま使用できそうです。

取り敢えず、点検と見積りをさせていただきましたが、
調律の前に劣化部品の交換とリード周辺の研磨が必要です。