ピアニカの修理22016/05/23

東海楽器製造というメーカーの古いピアニカの修理をしています。


鍵盤を外したところです。
鍵盤の下にある緩衝材が劣化して底付きが出ています。


鍵盤の軸を抜いて鍵盤を外しましたが、一つ外したところで
軸を抜かなくても軸穴がL字に開放している事で鍵盤を外せる事が分かりました。
製造、メンテナンス時の事を考えた作りです。


鍵盤をすべて外しました。
鍵盤下の緩衝材はボロボロです。
これはウレタンのスポンジが貼ってあったようです。


鍵盤のバルブは当初、1つしか外れていませんでしたが、
鍵盤を外す時の衝撃で多数取れました。
どのみち弱くなっていて演奏中に外れると思いますので、
今外れて良かったです。
演奏中に取れたら鳴りっぱなしになるので本番中だと中断するか
楽器を交換するしかなくなります。


黒鍵のバルブも一部外れました。
こちらは樹脂製です。


鍵盤を外すとバルブ穴の大きさが途中で変化している事がよく分かります。
高音域は空気消費量が少ないからこのようになっているものと思います。



古い緩衝材を綺麗に取り去り、新しいフェルトを貼りました。
見た目にも綺麗な赤ですが残念ながら最終的には見えない位置です。
スポンジよりもかなり長く持ってくれるでしょう。
虫に食われる事はありますが..


黒鍵のバルブは樹脂製ですが、穴の淵に沿って変形が出ています。
恐らく、下にある樹脂のシール材に使っている可塑剤と反応したものと思います。
このままだと気密に影響するので平らにします。


密閉ケースに付いているドレンバルブですが、周囲が漏れ出た凝縮水で汚れています。
バルブが機能していないのでバルブ材を交換します。


修理は完了したので後は調律です。
金属クリップ4つで密閉ケースを外せます。
調律作業が楽になりますが、空気が先にバルブへ通るクラビエッタや
アコーディナであれば密閉ケースは閉じたままで楽器表面近くに出ている
リードを削る事ができますので、それよりちょっと大変です。


調律完了。
リード周りも綺麗に仕上げました。


最後に、吹き口の清掃、消毒です。
内側を綿棒で掃除したら真っ黒でした。
一番最初にもやっておくべきでした..


今回、とても貴重な楽器の修理、調整をさせていただき
大変有意義な経験をする事ができました。
まだまだ現役で使えそうな元祖ピアニカです。
これからも活躍してくれると嬉しいです。


ピアニカの修理2016/05/16

大変珍しい鍵盤ハーモニカの修理を承りました。

ピアニカと書いてありますが、ヤマハではありません。
東海楽器というメーカーの物ですが、そういえば以前に
Tokai と書いてあるアコーディオンの修理をした事がありました。
ピアニカはヤマハの商標と思っていましたが、
元になったのはこのメーカーのようです。


ある程度古い物のようですが、ケース、説明書まで残っていて、
楽器もとても綺麗です。


外観はシャープでアルミニウム外装を樹脂で挟んだ構造や、色あい、
殆ど淵なしで鍵盤だけのような楽器のデザインはイタリアで製造されていた
クラビエッタにそっくりです。
依頼者の方もクラビエッタが原型ではないか?という意見をもらっていたとのことです。



本体に貼ってあるステッカーです。
モデル名はPC-1ですが、名前の通り、市販のピアニカ1号という事でしょうか?


分解してみると、鍵盤のバルブが外れている箇所がある事が分かりました。
鍵盤を押さなくても音が出ているのはこれが原因です。


外れているバルブをとりはずしました。
かなり小さなバルブです。
バルブ側にはシール材が全くなく、ただの金属板です。
バルブが当たる方の面に柔らかいシール材が貼ってあります。
これは製造する時には楽な方法ですね。
バルブ材は樹脂ですが、驚いた事に何十年と経っているのに
柔軟性を保っていて劣化があまり進んでいません。
恐らく、軟質塩化ビニルと思います。


バルブを位置に戻してみました。
シール材に段差が付いているので正確に元の位置へ戻さないと
空気漏れが出る可能性があります。
取り敢えず、今は固定せずに漏れの確認だけします。


音域によってバルブサイズが変わっている事に気づきました。
空気消費が多い低音は少し大きめの穴になっていて、
途中から穴が小さくなっており、それに合わせてバルブサイズも変わっています。
元々、小さめの穴とバルブですが中音域からは更に小さくなります。
恐らく、子供が使う教育楽器なので空気消費を抑える為でしょう。
クラビエッタやアコーディナでは大きく開口するので
大人が大音量で演奏できるようになっています。


外装を外したところですが、驚いた事に本体そのものは木製です。
下部の金属ケースと木の本体は金属のクリップだけで留まっています。
ネジを使っていないのは見事です。
クリップで挟んでいない方の淵は単に溝に挟んでいるだけです。
この構造は調律の時に大変貢献します。
鳴らして調律を確認して調整を繰り返す際、簡単に開閉できるからです。
ネジで留めたらとてもやっていられません。


金属クリップを全て外し、合わせ目の隙間をちょっとこじったらケースが空きました。
シール部分は先の鍵盤のバルブ部分と同じ白い樹脂です。
こちらも柔軟性を残しており大変良い状態です。
クラビエッタなどでは大抵シールがダメになっていますので優秀ですね。


密閉部分のケースにはクラビエッタや最初のアコーディナであるBORELの物と同じような
二重底構造が見られます。
これは吹いた息の水蒸気を先に凝縮してリード周りに水滴が
付きにくくなる事を狙っています。

恐らくクラビエッタを参考にしたものと思いますが、決定的な違いがあります。
クラビエッタやアコーディナでは吹いた息は先にバルブ側に入り、
鍵盤を操作した時に開いたバルブからリードへ空気が抜けます。
このピアニカや殆どの鍵盤ハーモニカでは、吹いた息はリードに先に当たり、
リードの後に付いているバルブが開いた時に音が出ます。
この違いは外からは判断しにくいですが、大きな違いがあります。

先にバルブがあって後にリードが来る構造ではリードを密閉部分ではなく
楽器の外に近い部分へ開放状態で取り付けられます。
この事で得られるメリットは多く、音が大きく抜けやすい構造にできたり、
調律で密閉部分の開閉を不要としたり、息の水蒸気が付きにくく、
開放なので自然に乾燥するという点です。

バルブがリードより後になる場合はリードは密閉系の中ですので、
調律は鳴らす時と削る時で毎回分解する必要があります。
息は先にリードに通る為、水蒸気が付きやすく
体温も伝わりやすく温度変化でピッチが変わります。
密閉空間のリードは乾燥せずに湿った状態が続き
腐食の原因になったり、菌が繁殖したりします。

メリットの多い先バルブ方式ですが、鍵盤ハーモニカで採用されないのは
恐らく、特許の関係ではないでしょうか?
本当のところは知りませんが、後バルブ式のメリットは
リードが内側にある事による音へのエフェクト程度でしょうか?
これはデメリットにもなり得るので何とも言えないところです。


リードは幾つかに分かれたプレートに並んでいてクラビエッタやアコーディナのように
独立していません。
リードが折れた時は厄介ですね。
やはり吹いた際の水蒸気でそれなりに腐食しています。
調律のズレが出ている原因にもなっていると思われます。


高音域のリードもリードの先端と元で幅が変わらない形です。
これはバンドネオンのリードに似ています。
先が細くなっていないので弱い息での反応が悪いかも知れません。
これは調整で何とかします。


アニメでクラビエッタ2016/03/22

アコーディナが最初に作られていた時期に、同じメーカーで
鍵盤式の物があり、クラビエッタという名前で売られていました。
当店でもアコーディナの販売、修理をしている事から、
時々クラビエッタの修理や調律のご依頼があります。

既に生産されていないクラビエッタですが、アニメーションで
使われるシーンがあるという珍しい事があるのでお知らせします。
TOKYO MX、テレ玉、チバテレ他にて放送中の「ハルチカ」という
アニメ番組で、11回目の「エデンの谷」という回にて
クラビエッタが登場するとのことです。
既に一部地域では放送されたようですが、私の住む岡崎市では
三重TVにて3月22日の深夜(23日の早朝)に放送があります。


番組中ではクラビエッタの分解シーンもあるらしく、
当店で持っている分解中の写真の資料を提供させていただきました。
演奏シーンもあるとの事で、奏者も紹介させていただきました。
ですので、オンエアの音はリアルクラビエッタになると思います。
クラビエッタが取り上げられる機会は滅多にありませんので、
ご興味ある方は是非ご覧ください。

番組の詳細は下記サイトをご覧ください。

初期のAccordina2016/02/24

とても珍しい初期のアコーディナの修理を承りました。
ご依頼主はプロの奏者です。


金属外装のスリムなアコーディナは、最初に考案されたオリジナルの
アコーディナです。


側面に A.BOREL の表示が入っています。
1950年代から製造されたアコーディナに間違いありません。


底にある蓋を外しました。
気密を保つパッキンは古くてダメになっています。
開閉するバルブのゴム部分は綺麗なので後に交換された物かも知れません。
蓋の底は二重になっていて、最初に蓋の外を息が通り、
冷却されて水分が結露した後の空気をバルブに送るという凝った作りです。
その後作成されたクラビエッタも同じ構造を持っています。


この楽器は海外オークションで購入したものらしいですが、
修復の跡が見られます。
底の蓋を留めているネジですが、本来全て同じ物の筈です。
マイナスネジの頭の丸いネジがオリジナルですが、
3本は後に替えられたプラス頭の物です。
しかも一本は木ネジみたいな物で、本体の雌ネジが心配です。


溜まった水分を抜くドレンバルブのパッキンは
2枚重ねの適当なゴム板に変えられています。
これも交換が必要です。


ボタンの動きが悪い箇所が依頼主より指摘されています。
分解して正常な箇所と比べました。
バネが変な物に変えられているかと思いましたがそれはありませんでした。
バルブへ繋がる芯の途中に縞模様が付いているので
これを研磨すれば直りそうです。


側面に並ぶリード部分ですが、驚きの状態です。
リード自体は錆もなく良い状態ですが、
本来必要のないリードバルブが貼ってあります。
アコーディオンでは蛇腹の操作により、空気の向きが入れ替わり
対抗する1対のリードの鳴らない方から無駄に空気が出ないように
する為にリードバルブを使いますが、
アコーディナは息を吹き込むだけなので反対向きのリードはありません。
なので、リードバルブも不要の筈ですが..
貼ってあるのはアコーディオン用の物です。
リードバルブが長い為、本体の一部に接触する問題も起きています。


反対面のリードにもリードバルブが貼ってありますが、
一部には硬くて厚い変な物が貼ってあります。
これでは音が出にくいですし、音程も安定しません。
リードバルブが何故貼ってあるのか意図は不明ですが、
貼ると音の余韻が減る効果はあると思います。
ですが、ボタンから指を離せばすぐに止まるので
意味は無いと思います。
調律の問題も出るので全て外すしかありません。


冒頭でとても珍しい初期のアコーディナと書きましたが、
その理由はこれです。
なんと、真鍮リードです。
量産品ではステンレスリードの筈ですので、
初期の頃の物かプロトタイプでしょうか?
元々、柔らかい音のするBORELのアコーディナですが、
真鍮リードの効果で更に柔らかくて厚みのある独特な音が出ています。
貴重な楽器ですがその後のリード折れが心配です。
交換部品はありませんし、一部だけステンレスにするとバランスが悪くなります。
リードの可動部分だけを作成して入れ替える必要が出るでしょう。


内部を清掃してパッキンも改めました。


オリジナルのアコーディナには面白い機構が付いています。
両側にあるリード列を覆うカバーが可動式になっていて
手で押さえると閉まり、手を緩めるとバネで戻って開きます。
これによりハーモニカを手のひらで覆って行うのと同じような
エフェクトが得られます。
上の写真では片側だけ指で閉めています。

アコーディナを演奏する時に本体を持つのは片手だけで
それなりに重いのでしっかりと握る必要があります。
でも、しっかり握ると蓋が閉じるので実際の演奏で
自在に開閉させるのはかなり難しそうです。
バネがかなり重くて簡単に閉まらないのであればできそうです。
現在のアコーディナではこのような機構は省略されています。


当店で販売しているMARCELのアコーディナと並べてみました。
BORELの復刻として作られただけに、デザインはよく似ていますが、
BORELの方がコンパクトです。
(ボタンの色は全て白も作成可能です)


違う角度から見てもデザインの共通性が見られます。
吹き口の位置や形状も似ています。
楽器の厚さはBORELの方が薄いですね。
とても珍しい初期のアコーディナですが、
状態は良いのでまだまだ現役で行けそうです。

鍵盤ハーモニカの調律2016/01/06

滅多に来ないのですが、鍵盤ハーモニカの調律を承りました。
お客様はアコーディオンの修理で以前にもお世話になっている方です。



当店では、口で吹くリード楽器のアコーディナ(Accordina)を販売しているので
同属楽器の鍵盤ハーモニカの修理、調律も承っております。
今回の楽器はオレンジメタリックカラーの高級な物です。



スズキ楽器のPRO-37という楽器です。
お客様による調律の狂いの指摘箇所は付箋が貼ってありますが
全体の調律を行います。

私もアコーディオンを始めた頃に気軽に持ち出せると思い、
同じスズキ楽器のPROモデルを購入した事があります。



外のケースを外しました。
すると昔の記憶が蘇りました。
黒い内側ボディーに長方形のゴム板が貼ってある箇所があります。
吹き口のすぐ後のあたりです。
私が以前に購入した時すぐに分解し、この謎のゴム膜を確認して
すぐに埋めた記憶があります。

このゴム膜は内部の圧力が一気に上がらないように逃がしている物と思います。
考えつく理由は2つあり、一つは低音のリードではあまりに強く吹くと
反応しなくなるのでそれを防ぐ事と、ゴムの復帰による余韻的な効果を生む為?と
思いますが本当のところは知りません。
最初にこの楽器を鳴らした時に安い楽器と比較してダイレクト感が無いな..と
思いましたが分解してこのゴム膜が息の急激な変化を吸収している事が分かり、
板で埋めてしまいました。
息の急峻な変化を表現の為に与えてもゴムがペコペコと動いて
圧力変化をなだらかにしてしまうのでダイレクト感が損なわれます

この機能は、Proと名の付くモデルより低価格なモデルに付けた方が
良いような気がします。
Proレベルの奏者は自分で息を細かくコントロールできますので、
余計な楽器任せの制御は不要と思うからです。
Proレベルの方はここを埋めて息のダイレクト感を高めてみる事をお勧めします。



内部のケースを分割しました。
鍵盤ハーモニカの大半はリードの後にバルブがありますが、この楽器もそうです。
アコーディナやクラヴィエッタではバルブの方が先にあります。
後、先、というのは空気の流れる順番の意味です。
鍵盤ハーモニカの殆どが何故、後バルブ式なのかは知りません。
アコーディナのように先にバルブがあるとリードはケースの外側に出てきますので、
分解せずに調律ができますし、音もダイレクトに外に出てきます。
アコーディナなどではバルブは息の吹き込みで閉じる方向に動くので
空気漏れの心配もありません。
エンジンのバルブと同じように内圧が上がると閉じる方に働くという事です。

後バルブの場合は息で内圧が上がると開く方に動くので
空気漏れが起きやすくなります。
それを防ぐには鍵盤のバネを強くする必要が出ます。
後バルブでも構造を工夫すれば逆向きに作れそうですが複雑になりそうです。

色々考えると、先バルブの方が良い点が多い気がしますが、
特許とかの関係でマネできないのでしょうか?
それとも、別の何か大きなメリットがあるのかも知れません。



息で吹く楽器ですので、ちょっと吹いただけでリードが結露します。
結露は吐息中の水分が楽器内の冷えた部分に触れる事で起きます。
後バルブの場合は吹き口からすぐにリードとなるので結露もしやすいです。
結露は調律のズレや発音不良の元になりますので、
できれば演奏中でも最小限にしたいところですが..
子供の時に学校でやった時のようなホースを使った演奏をすると
結露はしにくくなりますが、私はホースでの演奏は見た目が悪いので
あまり使って欲しくないアイテムです。
吹く楽器、例えば縦笛やサックスやフルート等々..
ホースで繋がっていて吹く方法でやったら..
想像するとやっぱり格好悪い。

アコーディナの古いオリジナルの物や同じ時代のクラヴィエッタ、
古いHOHNERの鍵盤ハーモニカでは吹き口からケースの外周に沿って空気を流し、
末端でUターンさせてからバルブやリードに届くようになっています。
ケースの底が2重になっているのでそんな事ができますが、
リードに届く前に息が冷却され結露が先に終了するという機構です。
大変凝っていますが最近では省略されている機構です。
結露防止の為にS字の細い金属管を吹き口にしている
鍵盤ハーモニカ的な楽器をアコーディオンメーカーが作っていた事もあります。
ホースじゃなくて金属の管だったらカッコイイですね。



リード周りの清掃とリードの調整を行なった後に調律を行いました。
鍵盤ハーモニカの調律は結構難しいところがありますので、
アコーディオンより単純ですが時間はそれなりに掛かります。