中古の販売前整備2022/01/14

中古として販売していた楽器をご購入いただけることになったので
販売前の整備と調律を行いました。
楽器は新品で購入して8年しか使っていないイタリア製の物です。


あまりない不良を見つけました。
リード周りにある不良の検査と修理、リードの調整など行っている時に
異常に気付きました。
この楽器はチャンバーがありますが、チャンバーのリードの木枠に問題があります。
矢印の箇所ですが何が問題か分かるでしょうか?



拡大してみたところです。
リードが取り付けてある木枠の下部と楽器本体が接する部分に
目視できる程の隙間があります。



どの程度の隙間か調べるために細く切った紙を差し込んでみると
簡単に紙が入って行きます。
紙が止まるまで差し込みペンで印を付けました。



木枠を取り外して紙に書いた印と重ねると
中心部分にまで達している事が分かりました。
範囲も広くこのままでは問題が大きいので修理する事にしました。
この部分に隙間があると空気が漏れるために音が弱くなる、余分な空気を消費する、
隣接するリードが鳴ってしまうなどの問題が起きます。
隙間がある原因は恐らく加工不良です。
木が反って起きる場合もありますがその場合はもっと範囲が広くなりますので。



リードの調整を一つずつ全てのリードで実施します。
これは新品でも中古でも必ず行っています。
理由は必ず問題があるからです。
異常がある場合は修正を行いますが、実際、新品のイタリア製楽器でも
無数に修正を実施する事になります。
どのメーカーが良いとか悪いとかは殆どなく、一様にある程度の問題が残っています。

上の画像はリードではなくリードに貼ってある薄い樹脂製のバルブに
ちょっとした問題があります。
実際には音は出ますし一般には問題と判断していないレベルのものでしょう。

画像中に3対のリードがありますが、四角に囲ったところを注目してみると、
リード先端の位置とリードバルブの先端の位置に違いがある事が分かります。
一番左にあるリードはリードの先端とリードバルブの先端の位置の違いは僅かです。
リードバルブはリードより少し長くするのでこの位置は正しい調整です。
真ん中のリードと右端のリードではリードの先端よりリードバルブが長いです。
特に右端のリードではかなり長くなっています。
バルブがリードよりも長いと抵抗になりますので発音が弱くなりますので
リードの長さに合わせてカットします。
リードは音程により長さが変わりますがこの楽器の場合、
リードバルブは同じ位の長さに切っておいたものを貼って行ったというところでしょうか?

これを見て自分の楽器のバルブを調整しようとしないでください。
調律に影響しますので単に切るだけでは済みません。
また、実際には見えていない木枠の内側にも同じことが起きているので
表だけ実施すると蛇腹の開閉で音が不均一になります。
リードバルブを切ったり調整したりすると調律が変わります。
最後に全体の調律を行うので各部の調整ができますが調律を実施しないのであれば
リード周りを触ると調律がずれてしまうので部分だけ修理するという事が
できない楽器という認識が必要です。



ベースリードの方にも問題が見つかりました。
リードではなくて音の切り替えをするレジスターの機構に問題があります。

上の画像はレジスターの機構の部分ですが、スイッチを押した時のカチッとした
感触を作る事と、スイッチを押して決定したセッティングが振動などで
ずれてしまわないようにする為の機構部分です。
スライドする5枚の薄いアルミニウム合金の部分に2つの窪みが作ってあり
それに噛み合うように薄い銅合金の板バネを接触させる事でクリックを作っています。
このスライドする板とバネの位置がずれていてうまく噛み合っていません。
黄色の矢印部分は一番上のスライドする板にバネが掛かっていませんし、
一番下のバネは板に接触していないので内側に入り込んでいます。(赤矢印)



バネの位置を修正して固定しなおしました。
これで5枚のスライドする板とバネの位置が完全に一致しました。
こんな小さな事ですが使用上の問題が出ます。
ただ、初心者の方には異常に気付けないかも知れません。
気付かない程度の事ならいいのでは?と思うかも知れませんが、
知らないで使い続ける事は良いものを知らずに時間が経過するという事です。
練習の効果が出なかったり、本当の能力を知らずにやめてしまうかも知れません。
整備ができていない楽器を使うのは安く購入できても失うものが大きいです。
楽器を安く買う事が目的ではない筈です。



全てのリードと発音に関わる機構などの修理、修正が完了しました。
最後に全体の調律を行います。
お客様からMMの波の速さについてのご希望を事前に確認しているので
それに合わせた調律を行います。

調律を行うとリードが消耗するので最小限にしか行わないという事を言う
業者があるという話を時々聞きますが調律で消耗するのは僅かです。
リードの寿命に影響するような事は絶対にありません。
基準を440Hzから442Hzにする程度でも全く問題ありません。
余程不慣れな人が調律するというなら話は別ですが..



この楽器はそんなに古くないのでベースのバンド(ベースストラップ)は
見た感じの傷みは少ないですが新品に交換します。
蛇腹操作やベース操作の要となる重要な部品ですので。



ベースストラップを外す為にベースの底板を表向きにしてみると
小さな問題を発見しました。
板にある開口部に張ってある網が少し剥がれています。
小さな問題と書きましたが意外と大きな問題になる事もある部分です。



板を外して裏から見ると張ってある網の一部が浮いていることがわかりました。



内側に張ってあるセルロイドの端に亀裂があり剥がれている箇所も見つかりました。
このよう剥がれなどは大した問題ではないように思いますが
演奏中にベースの異常を誘発する事があるので実は問題が大きいです。



ベースの板の裏面の小さな剥がれ等が大きな問題になる理由は、
その直下にベース機構がギッシリと詰まっているからです。
ベースの板の裏面と機構に設けられた空間は
少ない所では5ミリ程度しかない場合もあります。
なので僅かな網の剥がれがベースの操作に問題を起こす事もあります。
演奏中に音が出たままで戻らないとか絶対に起きて欲しくない事象です。



空気ボタンの動きがあまり良くないという問題もありました。
これも戻り不良による空気漏れの問題が出る事があるので無視できません。
原因は板の穴の内側の加工不良です。
穴の内面が黒くなっている所はボタンと干渉している部分です。



網を張り直し、空気ボタンの穴の内面も研磨しました。



内側の剥がれたセルロイドも直しました。
これでベースメカニックへの干渉の不安はなくなりました。



新しいベースストラップを用意しました。
上の物が元々付いていた物です。
表から見ると綺麗でしたが内面は擦れて白くなっています。
金具類も全て新品にします。



ベースストラップは金具で固定されていますが交換のためには
金具を外す必要があります。(矢印部分)
この楽器は37鍵盤ですが120ベースあるので余白の空間が少なく
工具が入れにくいため金具の取り外し、取り付けに苦労します。



グリルカバーの網は剥がれなどの問題はありませんでしたが
銀色が目立ち過ぎて野暮ったいので少し濃い色の物に張替えました。
見た目がグッと引き締まりました。



内外の問題の修理、全体の調律を完了し、外観の整備も終えて
背負いベルトを新品に交換しました。
これでやっとお客様にお渡しする事ができます。
人が行う事ですので慎重に作業をしても問題が出ることがあります。
その為に保障を付けていますので安心してお使いいただけます。


2022仕事始め2022/01/05

休みも終わり、今日は2022年の仕事始めです。
本年も宜しくお願い申し上げます。


昨日引いた「招きみくじ」をパソコンのディスプレイの上に並べました。
これだけやって初めての白です。
実は黒だけは白目が描いてあるのでカワイイです。



仕事始めの今日は待ってましたとばかりにイタリアからの荷物が届きました。
昨年末にイタリアから発送された物です。
年末に仕事を何とか片付けるイタリアメーカーの物が纏まって来るので大変です。
今日届いたのはFISITALIAというメーカーの物です。
ボタン式の小型軽量モデルで、右49音、MML、96ベースで8.3kgです。
実測では8.8kgでしたがそれでも音域を考えると軽量です。
リードをアップグレードしているのでその分、増加した可能性があります。



ミラーボタンにラメ入りグリルで、スイッチは裏面にあるフレンチタイプのボタン式です。


ボタン下のフェルトは赤です。
今回、細かい指定を沢山しましたが全て完璧に仕上げてくれました。
ミラーボタン、赤いボタンフェルト、ラメ入りグリル、グリルの網色、蛇腹内の色、
メーカーロゴタイプ..など、外観の指定は勿論ですが、
右の最低音~最高音の音域、ハンドメイドリード、調律という
音に関する部分もカスタムメイドです。



ベースボタンは3列ベース、3列和音にしています。
ベースレジスターの組み合わせも指定しました。



このモデルは標準リードが通常の仕様です。
今回はハンドメイドリードに変えています。
ボディー形状はフレンチタイプですがリードはロウ留めなので
音はインターナショナル寄りになります。
フレンチの硬質な音が苦手で外観はコンパクトなフレンチが良いという方には
良いモデルと思います。



もう一台、インターナショナルタイプのボタン式が届きました。
こちらは右41音、HMML、120ベースという仕様なので
鍵盤式の大型と同じ音域になります。
ですがボタン式なので小型軽量になっています。



インターナショナルタイプなのでレジスター(スイッチ)は表にあります。
ボタンは白黒パールなので黒鍵部分が分かりやすいです。



グリルカバーのみラメ入り塗装です。



撮影した画像ではラメが全てシルバーに見えますが
実際に肉眼で見た場合は角度により色々な色が見えます。
少しピンボケで撮影すると肉眼で見た時のような色が写ります。



蛇腹の内側は赤でベースボタンは白パールです。
一般的な2列ベース、4列和音になっています。



大型鍵盤式と同じ41音、120ベースですが重さは10kgを切ります。
これはボタン式の良い点ですね。
右手の操作に関しては一長一短あるのでボタン式が優れているという事はありません。
鍵盤にも良いところは沢山あります。
ネットでボタン式が鍵盤より簡単とか便利とか書いている人がいますが、
ドレミファソラシドと全音階のスケールで鍵盤式と競争していただきたいです。
鍵盤式に勝てる人は少ないでしょう。



在庫している同じメーカーの46音モデルと並べてみると大きさがだいぶ違います。
一般的なボタン式のフルサイズは右46音です。
5音違うだけで楽器の幅が5cm程度違っています。
重さでは800gの差です。
それでも鍵盤式の41音より46音のボタン式の方が小型軽量です。
鍵盤式の大型と同じ音域があれば十分と思う方は
41音のボタン式を選択すれば、より小型軽量な楽器とする事ができます。
選択の幅があるというのは良いですね。


ベースレジスターの修理2021/12/18

ベースの音色切り替えスイッチ(ベースレジスター)が動かなくなり
ベースの音にも異常があるということで修理を承りました。
かなり以前に当店で調律を行った楽器ですが、
最近は使わない時期が長くあったということです。


ベースのスイッチが動かない状態とベース音の異常はすぐに確認ができました。
スイッチは高さがバラバラな位置で止まったままです。
中を確認するとレジスターの機構に異常がある事がすぐにわかりました。
本来、垂直になっている筈の部品が斜めに曲がっています。(矢印部分)
この事自体が動かない原因ではなく、動かないのに無理にスイッチを押すと
このように部品が曲がります。
レジスターが動かない場合、無理に押すと問題が悪化する事もあります。
動かない原因は別にある筈なので分解を進めます。


大抵の場合、スイッチが動かない時はスライドするアルミニウムのシャッター部品が
酸化して固着している事が多いですが、分解してみるとその部分は異常なしでした。
レジスター機構を全てバラしてみるとスイッチからの前後の運動が
回転運動に変換されて機構に伝わる部分の回転部分が固着していることが判りました。
5個あるスイッチの4箇所はスイッチが押せず、回転部分を回そうとしても回りません。

このタイプの不具合も時々みることがあります。
何故かイタリアのあるメーカーの物に出る事が多いので、
私は勝手に〇〇〇〇〇(メーカー名)現象と呼んでいます。
頻度は多くないです。
この楽器は違うメーカーですが、他のメーカーでも起きる事はあります。


回転しない部分をなんとか修理して曲がった部分を戻し、外れてなくなっている部分の
樹脂製チューブを付けました。
スイッチを押すときちんと回転するのでこのまま組み戻せば修理完了です。


回転部分が戻るとスイッチはバネで元の位置に戻ることができるので
面イチになりました。
音に異常があったのはスライドするシャッターが中途半端な位置で
止まっていた事が原因なのでレジスターが直れば音も問題なくなります。

この異常は長くスイッチ操作をしていないと起きることがあります。
今回は暫く楽器を使っていなかったという事なのでそれが原因と思います。
普段楽器を使っている方でもベースレジスターを殆ど操作しない方や
特定のスイッチしか押さないという方もいます。
操作しないと固着する事があるので必要がなくても時々、
スイッチを押して動かしてあげると固着の心配が減ります。


もう一つ、修理する箇所があります。
ベースの底部分の脚が割れて取れている部分です。
今回は部品が残っているので簡単です。
また、接着修理もされていないので尚良いです。
楽器の部品が割れた場合、できるだけ割れた部品を残しておいてください。
また、自分で接着修理しないでください。
アコーディオンの部品は同じ物が手に入らないことがありますし、
新しくすると色が合わずに目立ってしまうことがあるのでオリジナルの
破片がある場合は取っておいてください。
接着修理をすると元の位置に正確に合わせる事ができなくなり、
修理痕が目立ってしまったり、接着強度が出なくなるので
何もしないで持ってきていただけると助かります。


脚の修理でベースの底板を外すと開口部の網が剥がれかけていたので
張り直すことにしました。
この部分が剥がれるとベースメカニックに干渉して問題になります。
演奏中に剥がれると突然ベース音が出たままになったり、変な和音が出たりしますので
予防措置は重要です。


蛇腹の内側にカビがありました。
健康被害が出ますので除去します。
長く使わないでケースにしまっておくと内部にカビが出たり、リードが錆びたりします。
リードの錆は楽器としての問題が大きく、修理費用も大きくなります。
アコーディオンは使う事が最大のメンテナンスです。
使えない期間が長い時はシリカゲルをケースに入れて乾燥状態を保つようにします。


最後にもう一つ、
ベースリードの一箇所でリードバルブが剥がれてなくなっていましたので修理しました。
剥がれた物を探しましたが内部には残っていませんでした。

取り敢えずこれで問題なく使えるようになりますが、
前回の調律からかなり経過しているので機会をみて調律を行うと
気持ちよく演奏することができます。
今回のように故障がなくても定期的な調律を行う事で内部の問題や
カビなどに気付く事ができます。

コンサーティーナ修理2021/12/17

コンサーティーナの日帰り修理を行いました。
楽器は関東の楽器店で購入した新品という事ですが、
ご実家がこちらなので店までお持ちいただけました。
症状はボタンの戻りが悪く、鳴ったままになる状態が頻発するというものです。
点検してみると、症状はすぐに確認できました。
その他、発音が悪い箇所が幾つかある事と、調律の狂いがあるなど、
コンサーティーナの新品によくある症状が確認できました。


まずは演奏ですぐに問題となるボタンの戻り不良を直す事にしました。
ネジを6本抜いて右手側の分解をすると原因はすぐに分かりました。
余談ですが、コンサーティーナの蓋を留めているネジ6~8本は
簡単に外して、簡単に留められるものではありません。
少なくとも私はとても気を遣って作業しています。
詳細は省きますが問題が出ると修正が簡単にできない箇所なので
不要にユーザーでの分解を推奨しません。
確かに工具で回せば緩むし、締められるので「簡単」という方もいると思いますが
それは注意すべき事項、必要な操作、問題が出た事例を知らない故なのでしょう。
過去にこの部分のトラブルで修理した事例は複数あり、
楽器生命に係る大ごとになりますので分解はお勧めしません。
持って来ていただく、送っていただく等、ご負担をおかけしますが
ちょっとした事でも、何度でも診させていただきますのでお気軽にご相談ください。

赤い矢印のボタンが戻らない箇所です。
青い矢印のボタンに接続するアームのバルブと反対側の端の先が
戻らないボタンの下にある黒いゴムの部品と干渉している事が分かりました。(黄矢印)
干渉しているアームは扁平なアルミニウム製なので横方向の力で簡単に曲がります。
少し曲げるだけで干渉はなくなり症状もなくなりました。
先の余った部分がこんなに長くなければ問題も起きにくいと思います。
長く余らせている意味もないので切っても良いでしょう。
この部分の横方向の強度が不足しているのでボタンを横方向に
強く押すなどすると同じような問題が起きる不安がある設計です。


今回は日帰り修理で取り敢えず使えるようにという事なのでボタンの修理で
ほぼ完了ですが、左手側の発音でどうしても気になる部分があったので
併せて修理を行いました。

この楽器はアコーディオンリードをロウ留めした廉価なものです。
発音が悪いのは蛇腹を開く時の音なのでリードの内側になります。
ロウ留めされているリードを剥がしてみるとリードの先端が大きく曲がっていました。
これだけ曲がっていれば発音に問題が出るはずです。
リードがこんなに曲がるのは間違いなく人の手によるものですが、
意図して行う筈はなく、調律や調整の作業で知らずに曲げたのでしょう。
これが製造時の事か、販売前の調整によるものかは不明ですが、
国内でここまで大胆にリードに力を入れるような事をする販売店もないと思いますので
製造時からの異常と思います。
目立つ症状なので出荷前か、国内で販売する前に気づいて修正できる筈です。
先日も記事にしましたが、100%イタリアを謳うメーカーですが、
今回も発音の不良や調律の狂いがあります。
まるで使えない程ではないので今回は大きな問題だけ修理して終わりました。


Maugein入荷2021/12/17

フランスから楽器が届きました。
年末に入って急に楽器が届きはじめましたが、大抵の場合予定より遅れていて
各社このタイミングで入荷します。
複数のメーカーで同じような感じなので受け取りが集中して大変になります。
ヨーロッパでも年末に仕事を完了してスッキリと新年を迎えたいのでしょう。


今回届いたのはフランス、Maugeinのフレンチタイプボタン式アコーディオンです。


オリーブグリーンが2台、ライトブルーが1台ですが、メタリックの塗装仕上げなので
自動車のように見る角度、照明の具合により表情が変化し、高級感があります。

右手49音、MM、80ベースという仕様です。
Lリードはありませんが、49音もあるので音域は十分過ぎる程あります。
ベースも80あるので音域は96と同じですし、7thの和音に工夫がしてあるので
押し方でdimの音も出ます。

小型軽量な楽器ですがプロが使っても問題ない仕様で、リードはハンドメイドを使用し、
フレンチタイプの最大の特徴である釘留めリードです。
見た目がフレンチタイプでも標準リード、ロウ留めという楽器もあり、
そういう楽器ではフレンチのあの音は出ませんし、リードの性能もそれなりです。
それでも案外高価なので分かって選んでいるのなら良いですが、
知らないで選んでいるのは勿体ないです。
販売する方もきちんと説明すべきでしょう。

リードの留め方については下記の記事で実際の画像を見られます。


オリーブグリーンメタリックの外観です。
鮮やかなグリーンではなく、レトロな感じがする落ち着いた色です。


蛇腹を広げると表情は一変します。
花柄のカラフルなデザインの蛇腹になっています。


蛇腹の上(奏者の顎の下)部分を大きく広げたところです。
白をバックにカラフルな花が水彩画のようなタッチで描かれています。
カラフルですが色がきつくないので優しい印象です。
落ち着いた色調のオリーブグリーンの楽器ですが、
演奏を始めると華やかなデザインが見えてきて、
奏者は勿論ですが、聴衆にも視覚的に楽しんでもらえると思います。


もう一台の方のオリーブグリーンですが、こちらはパリをイメージするイラストが
淡い多色で描かれています。


蛇腹の上の部分を開いたところです。
レトロ調のデザインになっていて、PARISの文字、赤風車、切手、楽譜などが
描かれています。
フレンチタイプのボタン式でミュゼットやシャンソンなど演奏するには
ピッタリのデザインです。


ライトブルーメタリックの外観です。
どのボディーカラーも当店が独自に決めて依頼しています。
ニュアンスを伝えるのが難しいですがメーカーは応えてくれます。
クロームメッキのグリル、ミラータイプのボタンもこちらの指定です。

実は、今年からMaugeinはデザインを一新しています。
既に切り替えられていますが、従来のデザインの方が日本では
受け入れられると思うので無理を言って継続してもらっています。
新しいデザインもスッキリした癖のないもので、それはそれで良いものです。
Maugeinのロゴも新しく変わりました。
ロゴも従来の方がカワイイのでそのままにしてもらっています。
勿論、新しいデザインの物もオーダーで作成可能です。

現行デザインの一例です


ライトブルーの蛇腹の中はこんな感じです。
本体に合わせたブルーを基調としたデザインですが、
何が描かれているか分かるでしょうか?


蛇腹の上の部分を大きく広げたところです。
このデザインはフランスの印象派の画家として有名なクロード モネの睡蓮です。
モネの睡蓮は沢山の作品があるのでどれなのかは不明ですが、
何かの作品の一部です。
ライトブルーのボディーにモネの睡蓮という組み合わせは私の発想です。
それを具現化してもらいましたが、こんな風に色々な事ができるのがMaugeinです。
そしてこれはオプション扱いではなくて標準金額の範囲です。
蛇腹のデザインは生地を外部から調達しているので、なくなれば同じ物はできません。
ボディーカラーは内製なので何度でも同じ物を作成できます。

同じような音域の同じようなフレンチタイプでも中身、外観共にメーカーによって
違いが大きく出ますが、価格は必ずしも仕様を反映していません。
釘留めハンドメイドリード、メッキグリル、ミラーボタン、メタリック塗装、デザイン蛇腹..
これだけ揃っている事を考えるとMaugeinは安いです。


同じ機種の色違いの在庫があります。
MMの波の速さはお渡し時に任意に調整いたします。
色と同様、音も選択できるという事です。
そして、細かい不具合の修理、全てのリードを発音調整して全体を調律し、
保証を付けてお渡しいたします。

在庫としてオーダーした物は比較的、ライトな感じのデザインですが、
濃い色の物やダークな蛇腹デザインも可能です。
そういう系統の物はデザインの好みが分かれるので在庫が難しいです。
オーダーしても特別な事をしなければ価格は変わりませんので
在庫にお好みのデザインがなければオーダーもご検討ください。
細かい事が分からない場合、何となくのイメージや好きなモチーフを
お伝えいただければ幾つかの案を提案をさせていただきます。