再び初詣2016/01/04

正月4日目。
明日は仕事始めという事で、2度目の初詣へ自転車で出かけました。
今日もかなり暖かいです。



岡崎公園近くにある菅生神社に来ました。
岡崎公園といえば、お城のすぐ近くの龍城神社が有名ですが、
人が多過ぎるのでこちらの方が気分は良いです。
岡崎最古の神社との事です。



岡崎公園まで来たら寄りたくなるのは康生通りにある和泉屋。
今日は営業していました。



店内は昭和レトロ。
小学生の時に行った時から何も変わっていません。
今日はぜんざいを頂きましたが、赤飯のおにぎりや
みたらし団子が最高です。



まだ時間があるので八丁味噌の工場へやってきました。
八丁味噌の工場は「カクキュー」と「まるや」があり、工場も隣接しています。
今日は「まるや」の方へ行って工場見学しました。
これは外に干してある味噌樽です。



こんな風に天然石を積み上げて樽で仕込んでいます。
よく考えたら、長年岡崎市にいたのに工場に入ったのは初めてでした。
そして、意外な事実を知りました。
「まるや八丁味噌」の方がずっと早くから創業していたという事です。
私は勝手に「カクキュー」の方が老舗と思っていました。
まあ、だからと言って別に何か変わるわけでもありませんが..
どちらの会社も工場見学ができます。



八丁味噌の工場周辺には古い町並みが残っている箇所もあり、
NHK 連続テレビ小説、「純情きらり」のロケ地としても使われました。

私もこのドラマのエンディングでちょっとだけ出ました。



味噌蔵の前の道は旧東海道とのことです。
この位置から少し北に行ったところには国道1号線があり、
沢山の車が行きかっていますが、少し入っただけで
とても静かな本当の東海道がひっそりと存在しているのは不思議です。



八丁味噌の工場の裏の通りにお寺がありますが、
私のご先祖様のお墓があります。
自転車を置いてちょっと墓参り。



日が傾いてきたので再び岡崎公園を通って帰りました。
明日から仕事始めです。



ウチイブ2015/12/24

今年はクリスマスイブが定休日でした。


という訳で、晩御飯を作りました。
最初はニョッキです。
シャンパンは無いのでシードルで代用。



魚介を使ったイタリアのアクアパッツァ的な物を作りました。
前にも同じ様なことをしましたが、今回はホウボウを使い
貝やイカも入れました。




あっと今に骨です。



家の近くにある人気ケーキ店、その名も「カントリークリスマス」です。
午後に行ったのでダメかと思いましたが、奇跡的にゲットできました。



クリスマス仕様のケーキです。



ひらだい22015/11/12

先月、平鯛という魚を食べた事を書きました。



今日はその第二弾。



今日の材料です。
前回と同様、近所のSEIYUで購入したヒラダイです。
前回とほぼ同じ大きさで197円でした。
この魚、カタカナの手書きでヒラダイと書いてありますが、
平鯛で調べると、正しくは「ヘダイ」と言う様です。
実はヒラダイという別の魚かも知れませんが..

その他の材料は、缶入りのホールトマト、ドライトマト。



そして、プチトマトに、トマトジュース。
トマトずくしです。
四角い物は、一緒に頂くフォカッチャです。
アンジェロさんに頂いた物です。
というか、これを頂いたのでヒラダイ調理決定!
という流れです。



前回のアクアパッツアと同じ手順で焼いて行きます。
大きなフライパンに一杯のサイズです。



火が適当に通ったら裏返し。
綺麗に焼けています。



両面火が通ったら、ドライトマト、プチトマトを入れて
白ワインを加えて煮立たせます。



アルコールが飛んだらホールトマトとトマトジュースを入れて
スープ状に仕上げます。
今回は、ズッパディペッシェ風に仕上げました。
通常はこれに貝とか海老が入りますが今回は鯛だけです。



調理で使ったワインですが、残りは一緒に頂きます。
スペイン産の超安ワインです。



前回同様、クセのない白身でとても美味しいです。
頂いたフォカッチャと共に楽しみました。



ひらだい2015/10/22

今日は木曜で定休日。
イタリアンな感じの晩御飯を作りました。


まずは1皿目。
イタリア料理のコースは第一の皿、第二の皿、デザート、カフェ、
というのが一般的です。
第一の皿(プリモピアット)は、パスタとかリゾットのような日本で言うところの
ご飯もの、になります。

という訳で、プリモはリゾットに決定。
と言っても、インスタント。
以前にイタリアへ行った時にスーパーで買った物を使ってみます。



裏面に作り方が書いてありますが、イタリア語のみ。
くわしく調べるのも面倒なので、何となく適当に理解して開始。
要するに、鍋に材料を入れ、水を入れ、回しながら煮詰めて
水が適当に飛んだらできあがり、と思います。



鍋に材料をあけるとこんな感じ。
米と謎の白い粉がが入っています。
黒い粒々もあります。



水を規定量いれました。
加熱前はミルクのような感じでサラサラです。



リゾットを火にかけつつ、メインの準備。
肉や魚料理が第二の皿(セコンドピアット)になります。
今日の主役は「ひらだい」という謎の魚。
近くのSEIYUで180円という破格で入手。
普段入らないのか、ラベルが手書きです。
結構大きいのに180円!
何か分からないけど鯛みたいだから買ってしまいました。
鯛みタイ..(もう一回言ってみただけです)



鯛という事なので、簡単そうなイタリア料理を探すと、
アクアパッツアというのがあり、それっぽい調理をしてみる事に..
最初に塩、胡椒します。



ニンニク、オリーブオイルで丸ごと焼きに入ります。
ちなみに、魚はウロコ、内臓は除去済みなので簡単です。
それにしても180円で大きなフライパンの直径位のサイズは凄い。



適当に焼いたら裏返して更に焼きます。
焼き目が付くと美味しそう!



プチトマトと冷蔵庫にあった舞茸を投入。



リゾットの方は沸騰してポタージュスープの様。
時々混ぜて焦げないようにします。
魚と同時進行。



魚に火が通ったら(通ったと思う)安ワイン登場。
イオンで500円で買った物です。
調理用だから安ワインという訳でもなく、余った分は食事中のお供になる算段。



ワイン入りました。
結構な分量ですが安ワインだから気になりません。



リゾット完成!
パルミジャーノをかけて頂きます。
紙筒に入った安いやつですが..
リゾットはインスタント的なパッケージですが、意外と時間が掛かり、
インスタントではなくて、調合済みというべきかも?
実際、味はイタリアで食べる物と遜色ありません。



魚の方もワインが干上がって完成です。
見た目も綺麗でなんとなく豪華。



身をほぐすとフカフカの白身が..
味も最高でした。
こんなにうまく行くとは思いませんでした。
唯一の失敗は、店の鉢植えのバジルを持ってこなかった事。
あれば味も見た目も更に良かったでしょう。



という訳で、あっという間に骨です。
180円の魚とは思えない食べ応えでした。
しかも全く臭みやクセが無くて美味しかったです。
「ひらだい」最高!



さて、イタリアンの締めはドルチェとカフェです。
昼間に家の近くにある超美味しいケーキ屋で買っておきました。
カントリークリスマスという店ですが、ここのケーキは安くて美味しいのでお勧めです。

「ひらだい」のイタリアンコース、安くて簡単、美味しくて良かったです。


バジリコ活用22015/10/01

先週に引き続き、頂いた苗から収穫したバジルを使いました。



今日はロングパスタで、オイル系。
トマト、ニンニク、バジルは素晴らしい組み合わせです。
生のプチトマトとドライトマトも使いました。



GATAOは白に突入です。
ロゼより少し甘くて飲みやすいです。



ドルチェは青いミカン。
シメは小さなレトロカップで飲む深煎りコーヒー。