ラスト納屋橋2022/01/12

昨年末に名古屋で有名な饅頭が1月10日で販売を終了するという事を書きました。
今日は1月12日なので既に工場が閉鎖されている筈です。



昨年末に食べたのが食べ納めと思っていましたが..
なんと、今日1つ頂いてしまいました!
いつも昼食を頂いている近くの喫茶店の常連さんからです。
最終日の10日は凄い行列だったというニュースを見ましたが
よく手に入ったなぁ..

思いがけず、最後の納屋橋まんじゅうを頂く事になりました。
これで本当の食べ納めです。
でも、会社は廃業ではなく、後の復帰の可能性もゼロではないようです。
今までありがとうございました、そしてまた会う日まで..


リハビリ詣2022/01/04

休みは今日までで明日は仕事始め。
という事で社会復帰のリハビリを兼ねて歩いて神社へ行ってきました。


自宅から徒歩3km程度の所にある六所神社へ来ました。
4日という事で人は少ないです。
元旦、2日あたりはとても賑わう有名な神社です。
去年も1月4日に来ています。




このところ毎年引いている「招きみくじ」。
今年は初めて白が出ました。
一番普通の色なのに..


そして、昨年に引き続き大吉!
今年もこうして歩いて神社まで来られて普通に生活できているのですから
やっぱり大吉という事でしょう。



丁度お昼になってお腹が空いてきたので東岡崎駅の方まで歩いてきましたが
4日でも案外閉まっている店が多く、駅を通過して康生の方まで歩く途中で
「丘」という喫茶店がやっていたので入ってみました。
ここは岡崎のちょっとした有名店で以前から気になっていましたが
今日、入ることになるとは思っていませんでした。


店の外は古くからやっている喫茶店という感じですが中に入ると凄い空間が..
壁面、天井面にアルミ箔のようなギラギラが貼ってあり
蛍光色の装飾が凄いことになっています。


そんなに広くない店内は有名店という事もありかなり混んでいましたが
一番奥の厨房に近い特等席に案内されました。
その部分の天井ですがホログラムのような反射素材で装飾されており
全く落ち着かない雰囲気の空間です。
照明は比較的明るく怪しい空間ですが暗い雰囲気はありません。


派手な内装とは対照的にBGMはクラシック。
恐らくオープンリールデッキの表に立ててあるLP盤がかかっています。
LPやCDが沢山あり、タイトルを見ると多くがクラシックです。
個人的にはオープンリールの前の奥にあるポールモーリアが気になる!
ジャケットの上半分の写真だけで判ってしまいました。
以前、家にもあって高頻度でかかっていました。


暫く店にいると内装のギラギラが意外と気にならなくなってきて
BGMのクラシックと相まって落ち着く空間になって来る..という不思議。
音量は控え目ですが心地よい音の理由のひとつがわかりました。
座った席と厨房の間にJBLの大きなスピーカーがある事に気付きました。
かなり高額な物です。
全貌は見えませんがラックには恐らくレコードプレイヤーがあり、
僅かに見えている金のボディーはラックスマンの古いアンプでは?
ここのマスターは絶対オーディオマニアです。



貼り出してあるメニューで何となく目に付いたエッグカレーセットを注文しました。
サラダ、コーヒーが付いて1000円です。
それで、出てきた物を見てビックリ、文字通り目玉焼きです。
貼ってあるメニューを見ていると、わざわざ「目玉焼き1個 エッグカレー」というのが
存在する意味がやっと分かりました。
スプーンに紙ナプキンが巻いてあるのが懐かしい。

カレーはボリュームもありますが味もなかなかです。
喫茶店にありがちな半完成品ではなく、恐らくですがここで作っているものと分かります。
塩味は抑えてあり、少し甘く、意外とスパイシーな感じで
今までに経験がないタイプの美味しいカレーでした。



食後のコーヒーが出てきました。
セットのコーヒーでもツマミが付いてきました。
これ、愛知県の人は普通のことですが他ではあまりない事らしいです。
このスタイルしか知らないのでコーヒーを注文すると
何か付いてくるのが普通と思っていました。



コーヒーに天井の装飾が映っていて綺麗です。
完全にこの空間に馴染みました。
ギラギラなのに落ち着く..



コーヒーを飲んでいると何か運ばれて来ました。
最初、間違ってきたのかと思いましたがサービスとのこと。
それなりのサイズのケーキです。
これが今の時期だけの事か分かりませんが大サービスです。
よく見るとケーキの上は市販の板チョコが嵌っています。
これも手作りですね。
そして、一緒に「丘」のステッカー?を頂きました。



丘の文字に切り抜かれた金色のシールですが、
これ、よく見ると手作業で切り抜いている事に気付きます。
一つ一つ、手作りしてプレゼントしているようですが、大変な事と思います。

厨房から近かったので様子がよく見えていましたが
ここは恐らくご夫婦だけでやっていて、厨房では旦那さんと思われる方が
白シャツに蝶ネクタイで一生懸命に作業しています。
奥様と思われる方は注文を聞いたり配膳したりしていますが
変に愛想が良い訳でもなく淡々と忙しく仕事をこなしています。
様子を見ていると何故だか二人の愛を感じます。大袈裟ではなくて。
そういうものが滲んでいるのを感じ取れます。
ここはただのギラギラした珍しい喫茶店ではない事がよく分かりました。
見掛け倒しの仕事ではなく心のある経営をしていらっしゃいます。
新年からとても良い勉強になりました。



思いがけずに入った喫茶店で良い時間を過ごせました。
明日の仕事始めの準備として良き日になりました。
また機会があれば寄らせていただきたいと思いました。


イブ2021/12/24

今日はクリスマスイブ。
1年があっという間に過ぎて行きます。


店内の飾りも明日まで。
小さなパネットーネは当店で講師をしていただいている
アンジェロさんに頂きました。


今日は一日経理の入力などで終わり。
年末の風物詩。


自宅での食後に頂いたパネットーネをいただきました。
イタリアではクリスマス前から休みに入り、パネットーネを食べて
年末~新年の休みを過ごすということです。
クリスマスケーキ兼、お餅みたいなものでしょうか?


中にはドライフルーツが沢山入っています。
ドライフルーツが無い物もあって、それはパンドーロと言います。
パンドーロも年末年始の食べ物という事です。
使われる酵母がパネットーネ種というもので、とても日持ちがするので
商店が休みになる年末年始に向いているのかも知れません。
実際、このパネットーネや以前に食べたパンドーロなど、
袋に入っていても完全に密閉されていません。
保存料など使っておらず、袋の口は針金で巻いて留めているだけで、
乾燥剤や脱酸素剤も入っていません。
その状態で出荷され、イタリアから日本に空輸され、
切り分けながらのんびり食べて3、4日経ってもカビが出ません。
不思議です。


納屋橋まんじゅう2021/12/17

名古屋の有名な菓子の「納屋橋まんじゅう」が1月10日で
生産を中止というニュースを見てビックリ。
名古屋近辺で知らない人は居ないというほど(多分)有名なものです。


という訳で、金山駅構内の売店で買ってきました。
本店は駆け込み需要で凄い人みたいですが案外、売店なら買えるみたいです。


納屋橋まんじゅうは、いわゆる酒まんじゅうの部類ですが、
一般的な酒饅頭と大きく違うのは皮部分です。
一般的なものは厚みがあり空気を含んだスポンジのようなものが多いと思いますが、
納屋橋まんじゅうは少し薄くて表面に少し艶があり、ペタペタした感じ?
子供の頃の記憶よりやや普通の皮になったような感じがありますが、
やはり独特の食感と風味で知っている人ならすぐに見分けられます。
説明が難しいですが神戸の南京町にある行列する豚饅で有名な
老祥記の皮を薄くした感じでしょうか?


100年も続いたのに終わってしまうというのはどういう事なのでしょうか。
理由は工場の老朽化という事なので更新する費用ができないのでしょう。
知名度はとてもありますし、最も重要な味の部分も素晴らしいのに残念です。
そう思っているのに、では買って食べた?と言われればそんなに頻度はないので
結局、誰かが買わなければ商売は成り立たないという事なのでしょうか..
最後になって慌てて買っても後の祭ですね。
購入できるのは1月10日までです。

バイク旅2021/10/28

今日は木曜で定休日です。
天気が良いのでバイクを出して出かけました。
実のところ、移動はバイクですが到着後はあまり乗っていないので
ツーリングというより、バイク旅?というところでしょうか。


久々の始動ですが問題なく動きました。


高速道路を乗り継いで目的地に到着。
公園前の駐輪場で自転車やスクーターに混ざって駐車。
本当はのんびりと一般道を走りたいのですが時間が限られるので
サラリーマン時代より高速道路の使用が多くなったと感じます。


公園の中にある池です。
両側にある石像の鳥は「う」です。
鵜ですね。
つまり、鵜が有名な場所にきました。


公園内を少し進むとロープウェイの駅があります。
ここは岐阜県にある金華山へ登るロープウェイです。


金華山は岐阜市にある標高329mの小さな山なので徒歩で登る事も普通にできます。
複数の登山道が整備されていてハイキング感覚で登れます。
ロープウェイで登って下りは歩くというのも考えましたが時間が限られているので
今回は往復ロープウェイにしました。


ロープウェイ乗り場では、リスのリロちゃんがお出迎え。


ロープウェイ出発です。


みるみるうちに駅が遠ざかって行きます。
そして遠くの景色が広がってきます。


途中で下りのゴンドラとすれ違い。
かなり遠くまで見えるようになってきました。
少し紅葉も見られます。


山頂駅まであっという間でした。
山頂駅に到着して少し歩くと建物があります。
展望台が屋上にあるレストランです。


迷わずレストランへ直行!
何故かフランス語の屋号で、Le pont de ciel 空の橋?です。
因みに、フランス料理のメニューは一つもありません。


メニューは岐阜の名物を使った庶民的な物が多いです。
今回は飛騨牛焼肉丼、1300円。
何よりも素晴らしいのは景色です。
カウンター席は窓越しに絶景が見られます。


レストランの窓から撮影しました。
岐阜の町並み、長良川と遠方には伊吹山や福井方向にある山々が見えます。


全て食べると丼の底に信長の家紋が..
なかなか芸が細かい! と思ったら、このどんぶり、ロープウェイ乗り場の
お土産売り場で同じ物が売っていました。
さすがです。


食事が済んだら屋上の展望台へ。
金華山は標高はあまりありませんが、周囲に高い山が殆どなく遮る物がないので、
景色がとても良いです。
岐阜市という大きな街の中にあるので夜景も有名です。
これは名古屋駅方面ですが手前には木曽三川公園にあるツインアーチ138が見え、
その奥には名古屋駅周辺の高層ビルが見えます。


これはレストランからも見えていた北西の景色です。
長良川と岐阜東部の山々が見えます。


長良川の方をよく見ると鵜飼の船らしきものも見えます。


金華山の山頂にある岐阜城の方を見ると電波塔群が!
殆どの方には興味がないと思いますが..


展望台の建物の上にも小さなパラボラアンテナが複数。
ライブカメラのデーターを送っているような気もしますが、
今ならネットでも送れるので違うかも知れません。


展望台を降りて岐阜城の方へ歩きました。
紅葉した木のトンネルの向こうに天守閣が見えました。


岐阜城天守閣です。
これは復元によるものらしいです。
中は有料で見学できますが今回は見送りました。


岐阜城を通り過ぎた端に古い電波塔がありました。
タワーは錆びていますが今も使っているのでしょうか?


建物には金華山無線電話中継局とあります。
建物はかなり古い感じがします。


岐阜城側からロープウェイ駅の方を見ると歩いている途中に通り越した
アンテナ群が見えます。


そのアンテナ群のある所まで行ってみましたが、名称などはありませんでした。
面白いのは無線中継施設の建物ですが、何となく城を思わせるような
デザインにしてあるところです。


時間もだいぶ経ったのでロープウェイ駅まで戻りました。
駅の向いにはリス村という小さな施設があります。
放し飼いのリス見たり、触ったりできるようですが、オッサンが一人で入るような
場所ではなさそうなので入りませんでした。

金華山にはリスがいるのでこのような施設があるらしいのですが、
リス村のサイトによると、昭和11年に岐阜公園近辺で行われた「躍進日本大博覧会」で
タイワンリスが見せ物として持ち込まれ、それが逃げて居ついたということです。
つまり外来種が帰化したということですが、あまり問題視されている感じはありません。


下りロープウェイに乗るところです。
短い区間ですがガイドさんも乗車して音声ガイド付きの運転です。


出発しました。
山頂駅が遠くなって行きます。


紅葉が少し楽しめます。


自分の乗るゴンドラの影が山肌に映りました。
高度と自分の居る場所を実感できて少し恐怖を感じます。
高所恐怖症の人は大変かも知れません。


赤い三重の塔が見えると間もなく到着です。


ロープウェイ駅がある岐阜公園では丁度、菊と菊人形の展示会をやっていました。


服に見立てた菊を人形に着せるというアイディアは誰が思いついたのでしょうか?
菊の時期ではない時も人形の展示はされているのか?
色々と疑問が沸いてきます。


公園内のトイレの壁にリスが現れました!
リス村だけではなく山中でもない場所なので本当に帰化しているということですね。
タイワンリスという事で一般的にイメージするシマリスの見た目とだいぶ違いますし、
大きさもシマリスの倍くらいあるでしょうか?


それにしても、リス村キャラクターのリロちゃんはタイワンリスと
だいぶ違う外観なのは何でだろ?


岐阜公園から離れ、金華山中腹を通る「金華山ドライブウェイ」に来ました。
無料ですが全長も短く、道幅も狭く、ドライブウェイという感じではありません。
昔は色々な施設があって観光地となっていたようですが、
今は地元の方が散歩したりサイクリングや登山の人が多い印象です。


ドライブウェイにも展望台がありました。
標高は金華山より低いですがその分、町並みが近くに見えます。
山頂から見えた木曽三川公園のツインアーチ138と名古屋駅の高層ビルも
より近くに見えます。
夜景スポットとしても有名なのが分かります。


少し視線を右にやると小高い丘に大きな電波塔が!
高さがあるので紅白に塗られています。


見た感じテレビの中継局のようですが。


バイクでアンテナの近くまで行って、それらしい階段を上ってみましたが
電波塔の真下には行けませんでした。
残念。
恐らく、左奥の鎖が掛かった道を進むと施設に行けるのでしょう。


のんびりしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。
少し買い物をして再び高速道路で帰路へ。
途中の美濃加茂SAでコーヒー休憩中。


家に着く頃には暗くなってしまいました。
と言ってもまだ5時台です。
日が短くなりました。
今日の走行距離は245kmでした。


岐阜から帰る前に「JAぎふ おんさい広場鷺山店」で購入したお土産です。
ダム建設で沈んでしまった徳山村で栽培されていたという幻の唐辛子を使った味噌です。
麻婆豆腐やパスタソースの隠し味に使えそう。
https://www.jacom.or.jp/gensen/2021/210320-49322.php

機会があれば岐阜から徳山ダムを経由して福井へ抜けるツーリングをしてみたいです。