円頓寺秋のパリ祭2015 2日目2015/11/08

円頓寺 秋のパリ祭2015、2日目です。
昨日の記事はこちらです。




円頓寺商店街、8:30です。
パリ祭開始は11時なのでまだ閑散としています。



11時、パリ祭開始です!
が..
今日は雨。
3回目のパリ祭で初めての雨です。
商店街にはアーケードがあるので雨は避けられますが、
屋根はブースの設置位置の後ろ部分までです。
雨が真っ直ぐ下に落ちれば問題なしですが、
吹き込みがあるのでテント必須です。
隣のブースは雨の為、出店無しで妙な感じです。

2日前に雨を予感してAmazonにてテント発注。
昨晩、パリ祭終了後に佐川急便の営業所まで取りに行って、
なんとか間に合いました。
因みに、昨晩はパリ祭撤収後、食事、佐川、銭湯、モンテアコーディオンと
巡回し、店で寝ました。



そんな訳で、テントは今朝、取り出して初、設営。
雨の吹き込みがあるので大きなビニール袋を切って、
周囲を囲みました。
雨の中、馴れない作業になりましたが、レッスンに来ていただいている
お客様が手伝ってくれましたので大変助かりました。



雨のパリ祭となりましたが、朝から元気に演奏です。
今日も昨日から引き続き、フレンチちんどん「華乃家」さんが
終日、演奏をしています。
今日は、monte accordionのブースの前で立ち止まって演奏してくださいました。
しかも、大きな声で宣伝までしていただきました。




それだけではなくて、自前の小型アコーディオンと、
ブースでデモ演奏に使っていた大型アコーディオンを交換して、
デモ演奏までしてくれました。
これには感動しました。
お気遣い、ありがとうございました。



ブースでの演奏は今日もレッスンに来ていただいている方の
助っ人演奏があり、私はかなり楽をしています..
雨で心配しましたが、昨日にも負けないほどの賑わいです。



昨日に引き続き、アンジェロさんにも演奏していただきました。
プロの演奏は人垣ができます。



パリ祭へ遊びに来ていたアンジェロさんの友人のソプラノ歌手の
突然の競演にお客さんもビックリ。
私もその声量にビックリしました。
なんて豪華なデモ演奏でしょう。



今日も、定期的に向かいのライブステージで演奏があります。
今日のゲスト奏者はザッハトルテさんです。
アコーディオン、チェロ、ギターの3人編成のグループですが、
名古屋で隔月ライブを行なっている事もあり、ファンが沢山います。
ライブが始まると人垣で見えない程です。
演奏が終わると次の会場へ移動して演奏しますが、
奏者の移動と共に、人の大移動が伴うという感じで、
人気ぶりがよくうかがえます。

今回、2日間でアコーディオン奏者のゲストが3組です。
それにプラスして、アマチュアアコーディオン奏者による演奏、
モンテアコーディオンのデモ演奏という事で
パリ祭ですが、アコーディオン祭りとも言えます。



夕方になっても雨が続いていますが、人の波も続いています。
体感的には昨日より人が多い感じがします。

アンジェロさんの演奏も続いていますが、偶々、近くを通り掛った
アンジェロさんの友人でギタリストの望月雄史さんが
演奏に参加してくださいました。
なんて豪華なデモ演奏なんでしょう。



そして..
偶々通り掛かった演奏中のお二人の友人でバイオリニストの悠情さんも
飛び入りで演奏に加わるという信じられない状況に。



贅沢過ぎます..
しかも無料..
プロ奏者の皆様のお気遣いとご協力、誠に感謝いたします。
楽しい時間をありがとうございました。



雨の日曜の夕方ですが、こんなに沢山の方々に
monte accordionのブース前へ来ていただけました。



暗くなる頃には何故か、オスカルとバットマンが
目の前の呉服屋さんに現れました。



パリ祭終了30分前ですが、まだブースに訪れてくれる方がいます。
今日も沢山の方にアコーディオン体験をしていただけました。



18時に終了し、撤収が終わったところです。
雨はまだ降っており、アーケードから駐車場までの
荷物運搬の往復で結構濡れてしまいました。

今日は雨でしたが沢山の方がパリ祭へ来場されました。
私も2日間、大変楽しく過ごさせていただきました。
monte accordionのブースへご来場のお客様、
パリ祭を企画運営してくださったスタッフの皆様、
演奏のお手伝いをして盛り上げてくださった皆様、
誠にありがとうございました。
ブログ上で大変失礼ですが、この場を借りてお礼申し上げます。



さて、雨の撤収後、店で荷物を降ろして、レンタカーを返却して
店に戻ってきました。
今から皆様に差し入れしていただいた物でパリ祭の無事終了を
祝して宴です。
パリ祭中にも差し入れを頂いてその場でコソコソと飲食した物もありますが、
ブースから長時間離れられないので大変助かりました。
それ以外で持ち帰った物がまだこんなにありました。
皆様、本当にありがとうございました。



そして、今から家に帰る気力と体力も無く、
明日は通常営業ですので、2日連続ですが店で寝ます。
来年もパリ祭で多くの方にお会いできると嬉しく思います。



円頓寺秋のパリ祭2015 1日目2015/11/07

今年で3年目となる、円頓寺秋のパリ祭に
今年も参加させていただきました。
今年は以前より1ヶ月ほど遅い開催となりました。



8:45、会場です。
開始時刻は11時ですので、まだ普段と変わらない商店街です。
今年のブースの位置はこの辺りです。
今日は曇りですが、雨は大丈夫そうです。




丁度、円頓寺の正面です。
最初のパリ祭の時の位置に近いです。




車から少しずつ荷物を降ろして、何度も往復して設営終了しました。
初年はテントがあったのでブースらしくできましたが、
昨年からはテント無しなので、昨年の反省を踏まえて、
位置を主張できるディスプレイにしました。
準備していたパネルも綺麗に決まりました。



綺麗に見えるブースも裏面はこの通り。
下の台になっている所はアコーディオンを運んできた
空になったハードケース。
隙間には持ち物とか備品が突っ込んであります。
基本、裏は見ないという事で..




今年の位置は裏側は円頓寺、表は呉服屋さんです。
ガラスの大きな面があるので音がよく反射されそうです。



隣のブースは、今までに演奏でお世話になった事がある
バイク店の「しっぽ屋」さん。
知っている人が隣だとちょっと安心。
扱うバイクはイタリアのべスパがメインです。
ウチも扱うのは大半がイタリア製のアコーディオン。
この近辺、微妙にイタリア祭です。
アコーディオンもべスパもフランスでよく使われているから大丈夫!



11時、パリ祭開始です。
既にかなりの人が来ています。



monte accordionのブースもデモ演奏開始。



暫くすると、今日のゲスト奏者である田ノ岡三郎さんが目の前にやってきて
演奏のリハを始めました。
実は、正面の呉服屋さんは路上演奏の会場になっていて、
決まった時間にゲストの演奏があるのです。



田ノ岡さん、リハの後に当店ブースで演奏してくださいました。
いつも盛り上げていただき、ありがとうございます。



路上演奏が始まりました。
田ノ岡三郎さんのアコーディオンソロです。
この間は、当店でのデモ演奏は停止です。



当店ブースではレッスンに来ていただいている生徒さんの
助っ人演奏もあります。
2日間を自前演奏だけでこなすのは大変なので助かります。
これは小学生のプレイヤーの演奏です。
習って2年目でパリ祭デビュー。



小学生プレイヤーだけあってかなり注目されています。



こちらも助っ人プレイヤーさんです。
なんと、北海道から駆けつけてくれました。
当店でアコーディオンを買っていただいたお客様です。
演奏のみならず、観客への対応など営業的お手伝いもしていただき、
本当に助かりました!



当店で講師をしていただいているアンジェロさんも応援に来てくれました。
今年は2日ともスケジュールが空いているとの事で、
沢山演奏していただけました。
さすが、プロ奏者だけあって立ち止まる人がみるみる増えて行きます。



アコーディオン体験コーナーも大人気。
体験用に小さな楽器を持って行きますが、
それでも抱える事ができない子供さんにはこうやって、
正面から触って音を出してもらっています。
大音量が出る不思議な箱に興味津々です。



アンジェロさんの演奏に犬も真剣に聴いています。
円頓寺パリ祭は、小さな子供と犬の来場率が高いと思います。



本日のもう一つのゲスト、フレンチちんどん「華乃家」さんです。
こうやって商店街を演奏しながら練り歩きです。



ブース正面の路上演奏では、田ノ岡さんと華乃家の奏者、
猪俣福人さんのダブルアコーディオンライブもありました。



昨年より1ヶ月開催時期が遅くなったので、あっと今に暗くなりました。
それでもお客さんは沢山来ています。



アンジェロさんの演奏でダンスホール化する一幕もありました。
これはヨーロッパの雰囲気あります。
裏が円頓寺とは思えません。



今年は18時終了という事で、あっという間に初日終了。
ブースも撤収して普段の商店街に戻りました。
今日はなんとか雨は降りませんでしたが、明日は配です。
アーケードなので屋根はありますが、ブース背面部分には
屋根が無いので雨が吹き込む可能性があります。



発表会20152015/05/31

monte accordionでレッスンを受けていただいているお客様を対象とした
発表会を行いました。


早いもので、今年で6回目となります。
monte accordionも創業して7年になるという事ですね..



今年から昨年までの会場とは変わって、千種駅から近い
HITOMI ホールという場所にしました。



恐らく最近できたホールですので、とても綺麗です。
音楽用として設計されているため、響きも良く、
今までのようにマイクを使う必要がなくなりました。
110席という規模もピッタリサイズです。
スタッフの方の対応も大変良く、気持ちよく使わせていただきました。



リハーサルが始まりました。
今までのホールより客席が近く、ホールの内装が立派なので
緊張感がずっと増したように思います。
でも、響きが良いので弾いていると気持ちよいです。



本番直前です。
舞台袖で出番を待つ奏者が最も緊張する時かも知れません。
写真からも落ち着かない様子が伝わってきます。



開演しました。
多くのお客様で席が埋まっています。



演奏がうまく行く様に、お祈りする奏者も..
今回、初めて出演する方が多く、全体の半数が初出場です。
中にはレッスンを始めて数ヶ月の方もいらっしゃいました。



あっという間に第一部が終了し、休憩時間です。



第2部が始まりました。
この頃には更にお客様が増えて席の9割以上埋まっている感じです。
と言っても、出演者も出番以外では席で見ていますので、
実際にご来場いただいている方は見た目ほど多くはないと思います。



今回、最年少の出演者です。
ステージに付く際に、父兄が足の下に入れる台を出す手はずでしたが、
我が子の初出演で緊張してすっかり忘れて、足が中に浮いた状態での演奏でした。
ですが、落ち着いた立派な演奏でした。

7歳ですので、monte accordionと同じ歳という事になります。
因みに、今回の最高齢の方は70代です。



ソロ演奏の最後に講師のアンジェロさんに演奏していただきました。




会の最後は、9人の合奏で締めました。
曲はアンジェロさんアレンジのイタリアンメドレーです。


演奏が全て終了し、無事に閉会する事ができました。
大変多くのお客様にご来場いただきました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。



演奏会の直後、サプライズがありました。
monte accordionのレッスンをしていただいている講師2名に
生徒さんから大きな花束が贈られました。
これは私も知らなかったのでビックリしました。
とても大きな花束で、持って帰るのが大変そうでしたが、
お二人とも、とても嬉しそうでした。



閉会後、ステージに戻り記念撮影です。
今回は講師、スタッフ含め、27名のソロ演奏をさせていただきました。



緊張から開放されて笑顔が飛び出しています。
出演してくださった皆様、大変お疲れさまでした。




本番が終われば打ち上げ会です。
こっちが本命という方も居るとか居ないとか..
ホールから歩いてすぐのビストロにお世話になりました。



まずは乾杯!
皆さん、本当にお疲れ様でした。



ちょっと真面目に、講師からのコメントを頂きました。



今回、初めての出演者も多かったので、自己紹介も兼ねて
ひとことずつ、コメントをいただきました。
どさくさに紛れて、保護者や付き添いの方からも無理やりコメントを頂いてしまいました。



ピンボケしていますが、美味しいお料理とお酒で、打ち上げ会も盛り上がりました。
また来年も皆様にご参加いただけると嬉しく思います。
(2016年は5月29日に同じホールで行います)

ご来場いただいた皆様、出演していただいた皆様、ありがとうございました。
講師の戸田先生、アンジェロ先生、ホールのスタッフの方々にも
大変お世話になりました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。


一宮イタリアフェア2014/10/19

一宮市、本町商店街にて10月18、19日と、イタリアフェア
という催しが開催されました。
monte accordionも19日に出店させていただきました。



先週の円頓寺パリ祭と同様に、レンタカーに楽器を積んで
会場となる本町商店街へやってきました。
初めて一宮のアーケードへ来ましたが、円頓寺とは全く違う趣です。
アーケードは高く、中心に道路が通り両脇に広い歩道があります。
とても広い商店街という感じです。


真ん中が道路なので直接、現場に荷物を降ろせます。
先週は何度も駐車場と現場を台車で往復しましたのでこれは楽です。



机や椅子も借りられたので、設営が簡単に済みました。
道路は閉鎖され、そのど真ん中にブースを出しますので、
余裕のスペースです。
会場がとても広く、出店者が円頓寺パリ祭より少ない為、
余白スペースが多くてブースが貧弱に見えます..



今日はスペースがあるので、両面を使う配置にしました。
手前の写真が演奏する面で、こちらは体験スペースです。



まだちょっと早いですが、演奏開始です。
スペースが広く壁が遠いので音が散ってしまいます。
無意識のうちに音量を上げて演奏しているので大変です。


イベントの一つにハロウィンの仮装があり、色々な格好の
子供たちが通って行きます。



体験コーナーも盛況になってきました。
よく見るとアラレちゃんが..

円頓寺パリ祭は小さな子供連れのファミリーが多かったですが、
こちらは小学生~高校生が多いです。



場所が広いので円頓寺の時ほど賑わっていないような感じですが、
実際の来客数はかなりあると思います。



会場中心には特設ステージがあり、地元の学校などの
ファッションショーや合唱、バンド演奏など行っています。
出演内容はあまりイタリアフェアを意識していない感じです。




その他、スイーツなどの飲食販売とオープンカフェ風の
飲食スペースが用意されていました。



会場の端では痛車の展示コーナーもありました。
痛車もここまでやると気持ちいいですね。

16時まで演奏、展示して終了しました。
円頓寺パリ祭は2日間で20時までですので、それと比べると
だいぶ楽でしたが、パリ祭の後遺症で左手が痛かったです。
ともあれ、2週連続での出店を楽しむ事ができました。
イタリアフェアのモンテアコーディオンブースへご来場
くださった皆様、ありがとうございました。
フェアの運営をしてくださいましたスタッフの皆様、
大変お世話になりました。


円頓寺パリ祭2014 2日目2014/10/12

円頓寺 秋のパリ祭、2日目です。



9時に会場へ到着。
さすがにまだ設営している人はいませんが、運営スタッフの方は
既に会場入りして、ラジオ体操をしているところでした。



10時過ぎには昨日と同じ様にセッティング完了。



早速、演奏開始。
昨日から引き続けていますので、左手が痛いです。
今日、一日もつか..



さすがにこの距離だとプレッシャー感じます..



今日も、レッスンに来ていただいている方が応援に来てくれました。



11時になるとパリ祭真っ最中の中に和風の音が..



昨年と同じく、商店街を山車が通過しました。
昨年は山車通過待ちの為、設営も待っていましたが、
今年は商店街の両端にブースをセットする方法になった為、
スムースに進行しています。



ピザ屋さんの行列も昨日と同じで長くなっています。
昨日は朝から20時までノンストップで焼き続けたとの事です。



今年も中部アコーディオンクラブの小森さんが
演奏のお手伝いをしてくださいました。
この間が貴重な休憩タイム..



アコーディオン演奏も相変わらず子供に人気です。



昨日はアコーディオニストの都丸智栄さんが
monte accordionのブースで演奏してくださいましたが、
今日は田ノ岡三郎さんがライブの合間に来てくれました。



パリ祭のライブステージで何度も演奏があるにもかかわらず、
演奏していただき、宣伝までしていただいて、
誠にありがとうございます。



商店街は今日も昨日と変わらない賑わいです。
パリ祭2年目ですが、昨年以上に賑わっている感じがします。



今日は隣の移動ピザ屋の bocchenoさんから
自家製レモネードを頂いてしまいました。
昨日もお花を頂いたのに、大変恐縮です。
これ、本当に美味しかった..
ご馳走さまでした。



17時半になり、少し暗くなってきました。
終盤に近くなってきましたが客足は大きく減りません。
昨日は良い天気ですが、今日は少し曇っています。
それでも2日間、天候に恵まれました。



19時前です。
終了の20時まであと少し。



体験コーナーは小さなお子様から高齢の方まで、
多くの方に楽しんでいただけました。
20時の終了まで演奏もラストスパートです。



20時半です。
30分で片付け終了。
この2日間で10時間以上、演奏しました。
多分、周辺のブースの方々は、同じ曲を何度も聴かされ
うんざりしている事と思います..

長時間の演奏で、左手の手のひらがかなり痛みます。
案外、左腕は大丈夫ですので、ベースボタンの操作が
かなりの負担になっている様です。



商店街はいつもの日曜の夜になりました。
これから帰って荷物を店で下ろして、レンタカーを返して終了です。
とても疲れましたが充実した2日間でした。
楽器を買います!という人は勿論いませんでしたが、
多くの方々にアコーディオンに興味を持っていただけたかな..
と、思います。
何より、天気に恵まれ、この場で普通に演奏できる事に感謝です。
モンテアコーディオンのブースへお立ち寄りいただいた皆様、
ありがとうございました。
パリ祭運営スタッフの方々、大変お世話になりました。
準備から運営まで大変なご苦労があると思います。
この様な機会を用意していただき、ありがとうございました。
また機会があれば参加させていただきたいと思います。