アコーディナ 3種2020/06/09

フランスからアコーディナ(Accordina)が入荷しました。
入荷した物と以前からある在庫で3種類揃いました。



アコーディナは1930年に考案され、1950年頃から1970年半ばまで製造販売された
楽器で、鍵盤ハーモニカの操作部分をボタン式にしたような楽器です。

鍵盤ハーモニカと同じ原理で発音する楽器ですが構造に違いがあります。
鍵盤ハーモニカは吹き込んだ息が楽器内部の空間に入り、そこにあるリードに達します。
リードの反対側に鍵盤を押すと開くバルブがあり、
マウスピース→リード→バルブ→排気という順を辿ります。

アコーディナの場合、吹き込んだ息は閉じた多数のバルブのある空間に入ります。
順番としては、マウスピース→バルブ→リード→排気という事になります。
これと同じ構造の鍵盤ハーモニカとしてオリジナルのアコーディナと同時期に生産された
クラヴィエッタ(Clavietta)があります。

アコーディナの構造では良い点が幾つかあります。
吹き込んだ息は楽器内で冷やされて結露しますが、鍵盤ハーモニカでは
最初に全てのリードが露出する空間に息が入るのでリードが結露水に晒されます。
アコーディナではバルブの後にリードがあるので結露水がリードに付きにくいです。
結露水がリードに付くと音程や発音が不安定になったり、リードの腐食や
汚れの原因になります。

その他、リードが楽器の外に出ているアコーディナでは、音が大きく出る、
調律やリード交換がしやすい、リードが乾燥しやすいというメリットがあります。
リードが内部の空間にある鍵盤ハーモニカでは結露水がいつまでもリードに残ったり、
楽器の内側にリードがあるので明るいシャープな音が出にくいというデメリットがあります。
調律では発音のために楽器を閉める、調整のために楽器を開ける、
を何度も繰り返さなければなりませんし、リードが折れた場合も交換のために
楽器を開ける必要があります。
と、色々な点で良い部分があるアコーディナですが、他にも特徴があります。

操作はボタン式アコーディオンと同じ配列なのでボタン式アコーディオン奏者が
持ち替えて演奏する事も多いです。
有名なところでは、アコーディオン奏者のリシャールガリアーノ、日本では
桑山哲也さんがアコーディナのプレイヤーとしては有名です。
ボタン式とする事で鍵盤ハーモニカよりも小さなサイズで広い音域を確保しています。
アコーディナは長さが30~33cmとコンパクトですが44音の音域があります。
例えばヤマハのピアニカの37鍵盤では48cmもあります。

音はハーモニカや鍵盤ハーモニカと似た感じで、息でコントロールする部分も似ています。
鍵盤ハーモニカとの違いは先述の通りですが、ハーモニカとの比較はどうでしょうか?
コンパクトさでは太刀打ちできませんが、任意の和音を演奏できる、広い音域がある、
半音も簡単に出せる、速い動きのメロディーも演奏可能という点で優れています。
クロマチックハーモニカでは半音も出せますが、吹く、吸うという操作に加え、
レバーの開閉が加わるので速い動きでは限界がありますし、任意の和音は作れません。
アコーディナは鍵盤ハーモニカよりもコンパクトで、ハーモニカより高度な演奏が
容易であるという特徴があると思います。
勿論、楽器にはそれぞれ特徴があり、単純な優劣で全てを判断できないのは
言うまでもありません。

アコーディナの欠点としては、重さでしょうか。
大体1.2kgの重さがあります。
鍵盤ハーモニカでは37鍵盤で800g程度、ハーモニカは更に小型軽量です。
片手で支えて演奏しなければいけないので1.2kgは少し負担ですが
演奏姿勢を工夫する事で負担を軽減できます。
この重さは実はメリットでもあり、高音から低音まで安定した響きを作るために
必用な重さという事になっています。
軽く作ることもできますが楽器として問題が出てくるので敢えて重くなっています。
最近は少し小型軽量化された楽器として1kg程度の物もリリースされました。

それでも子供が使う事も想定された鍵盤ハーモニカよりは重いですね。
それよりも最大の欠点は恐らく、価格と思います。
これは楽器としてきちんとした物であり、数が出ない手作りの物なので
仕方ない部分でしょう。


こちらは今回入荷したJoseph Carrel というメーカーの物です。

Joseph Carrel のアコーディナの特徴はとても柔らかい丸みのある音がする部分です。
その分、もう一つのメーカー Marcel Dreux と比較すると音量は控え目です。
マウスピースは手で取り外す事はできず、横向きのみです。
ボタンはアコーディオンの物を流用し、側面に木が付けてあるので
見た目の高級感があります。
長さはMarcel Dreuxよりも3cm程度長いですが重さはMarcelの物と殆ど同じです。

アコーディオンのように縦位置でベルトで背負うモデルもあります。

個人的にはやっぱり横向きで直接吹く方がカッコいいと思いますが..


こちらは在庫しているMarcel Dreuxというメーカーの物です。
今年で創業20周年になるということで、精力的に新商品を出しています。

Marcel Dreux は非常にシャープで力強い音が出ます。
マウスピースはオリジナルのアコーディナに近い扁平な物以外に
パイプ状の物に付け替えたり鍵盤ハーモニカのように縦位置につけることもできます。


こちらは同じくMarcel Dreuxの物ですが外装が木になっています。
木の外装で側面に開口部が無いので手前の金属外装の物より少し柔らかい音が出ます。
それでもJoseph Carrelよりは明るく強い音です。

このモデルでもマウスピースは付け替えできますが三角形の短いタイプだと
楽器の横幅が広いので吹いた時に鼻が楽器に当たってしまいます。
なのでパイプ状の長い物を使うか、縦位置に付けることになります。


3種類のアコーディナを縦側面を見たところです。
楽器の幅の違いが分かると思います。

在庫している物は試奏して比較する事ができます。
沢山の在庫は持たないので、3つを比較できる時は案外少ないです。

アコーディナもアコーディオンと同様に整備、調律を行い、保障を付けてお渡ししています。
どちらのメーカーのアコーディナも初期は発音が悪く、かなりの時間をかけて調整し
最終的には全てのリードを調律しなおしてお渡ししています。

在庫していない機種も沢山あります。
在庫のないモデルはメーカーに発注する事も可能です。
アコーディナは良い特徴が沢山ある面白い楽器です。
実は一番の特徴は奏者が少ないことかも知れません。
なので奏者になればとても目立てます。

蛇腹美人22019/06/11

フランスから綺麗なボタン式アコーディオンが届きました。

今年で創業100年となるフランスのアコーディオンメーカー
Maugein(モジャン)の小ぶりなフレンチタイプのボタン式アコーディオンです。


右手49音、MM、80ベースの同じモデルが2台入荷しましたが、
こちらはグリーンです。
少しくすんだ色あいのメタリックグリーンです。
レトロな感じの綺麗な色です。


こちらはメタリックオレンジ。
こちらも鮮やかさは少し抑え目で銅色にも近い感じです。

この2台は小型軽量な楽器ですが右手が49音あり、
ベースも80ボタンですので十分な音域があります。(dimの和音も出ます)
また、小型ですがハンドメイドリードが使われており、
メーカーとしてはエントリーモデルとは考えていない事が判ります。


オプションのミラータイプのボタンと、クロームメッキのグリルをオーダーしました。
キラキラ感があって高級感も少し出ます。


先日、Cooperfisaの蛇腹美人を紹介いたしましたが、こちらも負けていません。
蛇腹を開くと驚きのデザインです。
白地に淡い水彩画のような大きな円形模様です。
殆ど分かりませんが実は大きなチューリップ模様です。


オレンジの方はもう少し派手な水彩画風のカラフルな花柄です。
蛇腹を開くまでは想像もつかないようなデザインで見た時はハッとしますが
嫌な派手さは感じない色あいと思います。

この2台は在庫としてオーダーした物ですので整備、調律の期間だけで
お渡しすることができます。
別な色やデザインの物をオーダーする事も可能です。
本物のフレンチタイプアコーディオンは如何ですか?

蛇腹美人2019/05/18

Cooperfisaから新しい楽器が届きました。

ご覧の通り、とても綺麗な装飾入りです。
ぱっと見では分かりませんが、鍵盤幅18mmなので
41鍵盤ですが37鍵盤並みの大きさです。


Cooperfisaが伝統的に使い続けている図柄の一つを選んで装飾しています。
画像では分かりにくいですが随所に色付きのラインストーンが嵌めてあります。


鍵盤はパールタイプで、黒鍵部分は青のパールです。
切り替えスイッチも白と青の交互。


ベースボタンも青のパールです。
ベース部分にも図柄の装飾が入っています。


蛇腹の内側はとても綺麗な青から緑のグラデーション。
光沢のあるサテン生地でとても美しいです。
装飾だけでも綺麗な楽器ですが、演奏で蛇腹を開くと更に華やかになります。
無駄に蛇腹をいっぱい使って演奏したくなりますね。

こちらの楽器はお客様のオーダー品です。
なので在庫はありませんが同じように各部の装飾をオーダーできます。
ご興味ございます方はお気軽にお問い合わせください。

Accordina 新機種入荷2018/02/24

アコーディナの新しい機種が入荷しました。

従来から取り扱いのある Marcel Dreux の新しいモデルと、
フランスのメーカーJpseph Carrel の物です。



こちらは従来から扱っているMarcel Dreux の物ですが、
側面のデザインが新しくなりました。
新しいデザインは少しモダンになった印象です。
デザイン変更により開口部の穴が小さくなったので持ち易くなりました。
従来デザインでは穴が大きいので指先が穴に入り込んで引っ掛かる事があります。
従来のデザインも併売していますのでお好みでというところでしょうか。
重さや機能に変化はありません。



同じ Marcel のモデルで木製ボディーの物が出来ました。
Marcel の特徴である、抜けの良いパワーのあるサウンドはそのままに、
少しだけ柔らか味のある音になっています。
側面開口部が僅かになった事と、木を使っている事による効果と思います。
見た目の印象もかなり違います。
少し幅が広くなりましたが慣れれば問題ないレベルと思います。



Joseph Carrel は新しいアコーディナメーカーです。
Marcel より少し長いボディーですが、重さは同等で、音域も同じです。
Marcel と比較するとかなり丸い音です。
アコーディオンで言うところのチャンバー的な音です。
その分、Marcel より音量では劣る部分がありますが、選択肢が広がりました。
側面に開口部が無い金属外装で、オリジナルのAccordina に近い印象の外観です。

今回、入荷したモデル以外にもMarcel Dreuxでは新しいモデルが投入されました。
かなり意欲的にAccordinaの開発を行っているのが伝わってきます。
何れのモデルも当店にて販売させていただいています。(正規代理店です)
勿論、入荷後の再調整、調律を行い、保障付きでのお渡しです。
どのモデルも入荷直後の発音は良くないので時間をかけて調整しています。

鍵盤式もあります2015/12/06

以前にご紹介したチェリーウッドのボタン式アコーディオンがあります。


同じメーカー、イタリア Castagnari の鍵盤式が入荷しました。
ボタン式モデルと同じようなテイストのデザインです。
グリルカバーの透かし模様はとても繊細な細工がしてあります。



無垢のチェリーウッドボディーに
木彫りのメーカーロゴと寄木の象嵌細工が施されています。



ベースボタンは96ですので、大抵の場合、問題なく使えます。
音色切り替えのスイッチも木製です。



使われているパーツはメーカーオリジナルです。
大抵のイタリア製アコーディオンは、ベルト類や鍵盤、ボタン、リード、金属パーツなど、
専門に作っているメーカーから購入して自社の楽器に使っています。
なのでメーカーが違っても同じ部品が使われている事が殆どですが、
この楽器には幾つかのオリジナルパーツが使われています。
この蛇腹留めは薄い色の天然革にオレンジのコーデュロイが合わさっていて、
メーカの焼印が押してあるオリジナルです。



ベースのベルトにもオリジナル品が使われています。
脚部の金属部品もオリジナルですね。



鍵盤幅は18.5mmで通常の鍵盤より少し細いですが、
よくある細鍵盤の17.5mmほど細くありませんので違和感は少ないです。
Cavagnoloの鍵盤式もこの幅ですので、標準幅と併用していける物です。
少し細い鍵盤と34鍵盤という必要最小限の鍵盤数で、
小型軽量な楽器に仕上がっています。
リードセットはMMLですので、大抵の場合困りません。



ボタン式の物と並べてみました。
さすがにボタン式ほど小さくありませんが、
それでも鍵盤部のボディー幅は39.5mmと小型です。



こうやって並べると大きさがよく分かります。
この2台、価格は同じです。
ボタン式は43音ありますのでボタン式の方が高価になりそうですが。
恐らく鍵盤式の方が高価な無垢のチェリーウッドを沢山使うので
その分で発音数との価格差を相殺しているのだと思います。



重さは8.4kgと軽量です。
34鍵盤、MML、96ベースで8.4kgという事で、
必要最小な機能をコンパクトに纏めた高級機というところでしょうか。



リードはハンドメイドを入れました。
全てに於いてハンドメイドが最上という訳ではありませんが、
この楽器にはハンドメイドの方が合うと判断しました。

小型軽量で見た目も美しく、通常の使用で困らない仕様の楽器はいかがでしょうか?
この楽器、実はお客様のオーダー品なので在庫ではありません。
ですが、いつでも発注可能です。

老舗メーカーの高級機ですが、この後、詳細な点検と細かい不具合の除去と
全体の調律を行ってお渡しします。
どんな楽器でも必ず問題を含んでいますので当店では全品
万全の状態に調整して出荷しております。
万が一の場合にも当店の保障がありますので、
すぐに修理してお返しする事ができます。
調律をやり直しますので、お好みのイメージでお渡しできるのも
専門店ならではと自負しております。