土用丑2022 その32022/07/23

今日は土用の丑の日です。
先日買ってきた丑の日菓子を連日食べています。


今日はこれ。
丑の日ラベルが貼ってあるので普段は売っていないのでしょう。



うなぎ焼という品名の和菓子です。
若鮎という和菓子がありますが、それの焼印をうなぎに変えただけ、
と言えばそれまでですが..
Wikipediaに若鮎がありました。



よく見ると、しっぽの部分が細くなっていて、若鮎と形が違っていて
専用設計なのかも知れません。
うなぎの顔部分が女性の横顔のように見えない事もありません。
一度そうやって見えるとそれにしか見えなくなり、人魚焼になります。



中身は餅というか求肥です。
若鮎と同じですね。



もう一つ、若鮎風のうなぎ菓子を手に入れました。



その名も、うなやき。



形は若鮎ですが焼印は凝ったつくりです。
うなぎがU字になっている図に鰻の文字が入っています。
鰻というより蛇の頭のようです。



うなやきは味もなかなかでした。
生地は黒糖風味でしっとり、中身は求肥+餡です。
今日の2品はいずれも、うなぎ自体は使われていません。
形を楽しむ商品です。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2022/07/23/9532029/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。