古いScandalliの修理2016/04/16

古いイタリア製アコーディオンの修理を承りました。


Scandalli の中型アコーディオンです。
鍵盤が細いので同じ音域の楽器より小さくできています。
製造から50年程度は経過しているでしょうか。


最初に気になるのはベルトです。
楽器とは無関係ですが、ここが傷んでいると切れて楽器を落とします。
金具と接するところが一番傷みますので、この部分にひび割れが出ていたり
細くなっている時は交換時期です。
楽器を落とすと高額な出費になります。
場合によっては修理不能になる事もあります。


外観で気になるのはグリルカバーです。
何故か穴が空いていて裏から塞いで修理してあります。


グリルカバーを外すと裏からセルロイドを切った物で塞いであり、
ガムテープで貼ってあります。
セルロイドは一般には入手できませんので、これで補修されているという事は
アコーディオンの販売や修理に関わる人が行なった可能性が高いです。
ですが、ガムテープで貼るというのはプロの仕事ではありません。
アコーディオンの修理で、粘着テープ類(両面テープ含む)を使う箇所はありません。
そのような補修を行なう人は信用してはいけません。
また、穴の無い板で塞ぐと音にも影響が出ます。


楽器を開けました。
蛇腹と本体の合わせ目にあるパッキンですが、革製の古い物が入っています。
交換時期ですが、よく見ると角部分の内側に別の革が貼って補修してあります。
やはり、誰かの手によって補修された楽器という事でしょう。
でも、この補修は全く役にたっていません。


リードです。
リードを留めているロウが劣化して脆くなっています。
上の画像の右下のリード周りのロウは剥がれて取れています。
40年以上経過したアコーディオンでは起こり得る事です。
この状態ではまともな音は出ません。
また、修理費用もかなり高額になります。
古いアコーディオンは音が全部鳴るからと言って、
必ずしも楽器として使える物という訳ではありません。
中古を購入する場合、この事をよく理解している必要があります。


ベースリードです。
こちらもリードを留めているロウが悪くなっています。
最高音のリード列は本体に直付けされています。
直付けのリードがある楽器はメンテナンスが大変です。
手前に見える機構は古い楽器で偶に見られる、音の切り替え方法です。
スイッチが1個で、押すと交互に音が変わるという物ですが、
確実に切り替わらない時があったり、
2種の状態のどちらになっているかが分からないなどの欠点があるので
現在は採用している楽器は無いと思います。


古い楽器にありがちなもう一つの大きな問題も出ています。
リードの錆です。
錆が出ると調律が大きく変わります。
錆が付いたままで調律してもすぐに変化するので調律が無駄になります。
調律が安定しない楽器は楽器として使えません。
修理にはリードを全て外して磨く必要があり、高額な費用が掛かります。

リードは錆びていても音は鳴ります。
音が全部鳴るというだけで楽器として使える訳ではありません。
リードの錆は必ずしも古い楽器だけで起きる訳ではないという点も注意が必要です。
この楽器は修復可能ですが、かなりの期間と費用が掛かるのは確実です。


発表会20162016/04/01


monte accordionのアコーディオン教室へ来ていただいている
方が出演する発表会を行います。(講師の演奏もあります)
日時: 5月29日(日) 12:30開場 13:00開演
場所: メニコンANNEX HITOMIホール
入場無料となっております。
出演順は抽選で行っておりますので、最初からご覧いただく事を
お勧めいたします。
多数の皆様のご来場をお待ちしております。

アニメでクラビエッタ2016/03/22

アコーディナが最初に作られていた時期に、同じメーカーで
鍵盤式の物があり、クラビエッタという名前で売られていました。
当店でもアコーディナの販売、修理をしている事から、
時々クラビエッタの修理や調律のご依頼があります。

既に生産されていないクラビエッタですが、アニメーションで
使われるシーンがあるという珍しい事があるのでお知らせします。
TOKYO MX、テレ玉、チバテレ他にて放送中の「ハルチカ」という
アニメ番組で、11回目の「エデンの谷」という回にて
クラビエッタが登場するとのことです。
既に一部地域では放送されたようですが、私の住む岡崎市では
三重TVにて3月22日の深夜(23日の早朝)に放送があります。


番組中ではクラビエッタの分解シーンもあるらしく、
当店で持っている分解中の写真の資料を提供させていただきました。
演奏シーンもあるとの事で、奏者も紹介させていただきました。
ですので、オンエアの音はリアルクラビエッタになると思います。
クラビエッタが取り上げられる機会は滅多にありませんので、
ご興味ある方は是非ご覧ください。

番組の詳細は下記サイトをご覧ください。

分岐点の変化2016/03/12

金山駅からモンテアコーディオンへ向かう途中の
重要な分岐点にあるビルの看板が変わりました。

以前は天狗の面でしたが、その後、木製の「笑顔」という看板に変わり
現在は、1階がカレーうどんの「倭」で、
2階が赤い看板の「笑顔」になっています。
金山橋交差点を渡って下った先にこのビルが見えたら
左斜めに入って直進してください。


照明メンテナンス2016/03/08


店の売り場の照明です。
左側より右側の方が黄色い感じです。
両方共、同じ蛍光管ですが左側の方は出入り口近くの
外光が入る方なので点けていない時が多いです。
奥側になる写真右側の方は常時点灯です。


こちらは作業場の蛍光灯。
左側が黄色い感じです。
こちらも左側は常時点灯で、右側は必要な時に点けています。
開店から7年で蛍光灯が劣化してきたようです。
点灯頻度が少ない方と差がついています。


蛍光管を外しました。
見た目にも変色が分かります。


蛍光管の外には保護とUVカットの為の樹脂パイプを付けていますが、
これの変色がかなりあります。
これも取り付けて6年ですので。


新しい蛍光灯と保護パイプを購入しました。


保護パイプのゴムのパーツは以前と変更になったようです。
新しい物は角が落としてあります。


2本並んでいる右側だけ新しくしました。
明らかな差があります。
この後、常時点灯している4本すべて交換しました。


作業場の方も交換しました。
左右差がなくなりました。



最後に仕上げ作業があります。
蛍光灯は新品時から段々と劣化して暗くなっていきますが、
この蛍光灯の器具はそれを均等にする機能が付いています。
初期は電力を落として暗めにスタートし、劣化が進む速度に合わせて
電力を上げて行くというスグレモノですが、蛍光管を新しくした時は
交換したままの場合、劣化したモードになっていますので、
リセット操作が必要なのです。
操作は電源スイッチを特定のパターンでON/OFFするという
裏ワザみたいな感じです。
初めての操作なので取説探しました..