中古の販売前整備2022/01/14

中古として販売していた楽器をご購入いただけることになったので
販売前の整備と調律を行いました。
楽器は新品で購入して8年しか使っていないイタリア製の物です。


あまりない不良を見つけました。
リード周りにある不良の検査と修理、リードの調整など行っている時に
異常に気付きました。
この楽器はチャンバーがありますが、チャンバーのリードの木枠に問題があります。
矢印の箇所ですが何が問題か分かるでしょうか?



拡大してみたところです。
リードが取り付けてある木枠の下部と楽器本体が接する部分に
目視できる程の隙間があります。



どの程度の隙間か調べるために細く切った紙を差し込んでみると
簡単に紙が入って行きます。
紙が止まるまで差し込みペンで印を付けました。



木枠を取り外して紙に書いた印と重ねると
中心部分にまで達している事が分かりました。
範囲も広くこのままでは問題が大きいので修理する事にしました。
この部分に隙間があると空気が漏れるために音が弱くなる、余分な空気を消費する、
隣接するリードが鳴ってしまうなどの問題が起きます。
隙間がある原因は恐らく加工不良です。
木が反って起きる場合もありますがその場合はもっと範囲が広くなりますので。



リードの調整を一つずつ全てのリードで実施します。
これは新品でも中古でも必ず行っています。
理由は必ず問題があるからです。
異常がある場合は修正を行いますが、実際、新品のイタリア製楽器でも
無数に修正を実施する事になります。
どのメーカーが良いとか悪いとかは殆どなく、一様にある程度の問題が残っています。

上の画像はリードではなくリードに貼ってある薄い樹脂製のバルブに
ちょっとした問題があります。
実際には音は出ますし一般には問題と判断していないレベルのものでしょう。

画像中に3対のリードがありますが、四角に囲ったところを注目してみると、
リード先端の位置とリードバルブの先端の位置に違いがある事が分かります。
一番左にあるリードはリードの先端とリードバルブの先端の位置の違いは僅かです。
リードバルブはリードより少し長くするのでこの位置は正しい調整です。
真ん中のリードと右端のリードではリードの先端よりリードバルブが長いです。
特に右端のリードではかなり長くなっています。
バルブがリードよりも長いと抵抗になりますので発音が弱くなりますので
リードの長さに合わせてカットします。
リードは音程により長さが変わりますがこの楽器の場合、
リードバルブは同じ位の長さに切っておいたものを貼って行ったというところでしょうか?

これを見て自分の楽器のバルブを調整しようとしないでください。
調律に影響しますので単に切るだけでは済みません。
また、実際には見えていない木枠の内側にも同じことが起きているので
表だけ実施すると蛇腹の開閉で音が不均一になります。
リードバルブを切ったり調整したりすると調律が変わります。
最後に全体の調律を行うので各部の調整ができますが調律を実施しないのであれば
リード周りを触ると調律がずれてしまうので部分だけ修理するという事が
できない楽器という認識が必要です。



ベースリードの方にも問題が見つかりました。
リードではなくて音の切り替えをするレジスターの機構に問題があります。

上の画像はレジスターの機構の部分ですが、スイッチを押した時のカチッとした
感触を作る事と、スイッチを押して決定したセッティングが振動などで
ずれてしまわないようにする為の機構部分です。
スライドする5枚の薄いアルミニウム合金の部分に2つの窪みが作ってあり
それに噛み合うように薄い銅合金の板バネを接触させる事でクリックを作っています。
このスライドする板とバネの位置がずれていてうまく噛み合っていません。
黄色の矢印部分は一番上のスライドする板にバネが掛かっていませんし、
一番下のバネは板に接触していないので内側に入り込んでいます。(赤矢印)



バネの位置を修正して固定しなおしました。
これで5枚のスライドする板とバネの位置が完全に一致しました。
こんな小さな事ですが使用上の問題が出ます。
ただ、初心者の方には異常に気付けないかも知れません。
気付かない程度の事ならいいのでは?と思うかも知れませんが、
知らないで使い続ける事は良いものを知らずに時間が経過するという事です。
練習の効果が出なかったり、本当の能力を知らずにやめてしまうかも知れません。
整備ができていない楽器を使うのは安く購入できても失うものが大きいです。
楽器を安く買う事が目的ではない筈です。



全てのリードと発音に関わる機構などの修理、修正が完了しました。
最後に全体の調律を行います。
お客様からMMの波の速さについてのご希望を事前に確認しているので
それに合わせた調律を行います。

調律を行うとリードが消耗するので最小限にしか行わないという事を言う
業者があるという話を時々聞きますが調律で消耗するのは僅かです。
リードの寿命に影響するような事は絶対にありません。
基準を440Hzから442Hzにする程度でも全く問題ありません。
余程不慣れな人が調律するというなら話は別ですが..



この楽器はそんなに古くないのでベースのバンド(ベースストラップ)は
見た感じの傷みは少ないですが新品に交換します。
蛇腹操作やベース操作の要となる重要な部品ですので。



ベースストラップを外す為にベースの底板を表向きにしてみると
小さな問題を発見しました。
板にある開口部に張ってある網が少し剥がれています。
小さな問題と書きましたが意外と大きな問題になる事もある部分です。



板を外して裏から見ると張ってある網の一部が浮いていることがわかりました。



内側に張ってあるセルロイドの端に亀裂があり剥がれている箇所も見つかりました。
このよう剥がれなどは大した問題ではないように思いますが
演奏中にベースの異常を誘発する事があるので実は問題が大きいです。



ベースの板の裏面の小さな剥がれ等が大きな問題になる理由は、
その直下にベース機構がギッシリと詰まっているからです。
ベースの板の裏面と機構に設けられた空間は
少ない所では5ミリ程度しかない場合もあります。
なので僅かな網の剥がれがベースの操作に問題を起こす事もあります。
演奏中に音が出たままで戻らないとか絶対に起きて欲しくない事象です。



空気ボタンの動きがあまり良くないという問題もありました。
これも戻り不良による空気漏れの問題が出る事があるので無視できません。
原因は板の穴の内側の加工不良です。
穴の内面が黒くなっている所はボタンと干渉している部分です。



網を張り直し、空気ボタンの穴の内面も研磨しました。



内側の剥がれたセルロイドも直しました。
これでベースメカニックへの干渉の不安はなくなりました。



新しいベースストラップを用意しました。
上の物が元々付いていた物です。
表から見ると綺麗でしたが内面は擦れて白くなっています。
金具類も全て新品にします。



ベースストラップは金具で固定されていますが交換のためには
金具を外す必要があります。(矢印部分)
この楽器は37鍵盤ですが120ベースあるので余白の空間が少なく
工具が入れにくいため金具の取り外し、取り付けに苦労します。



グリルカバーの網は剥がれなどの問題はありませんでしたが
銀色が目立ち過ぎて野暮ったいので少し濃い色の物に張替えました。
見た目がグッと引き締まりました。



内外の問題の修理、全体の調律を完了し、外観の整備も終えて
背負いベルトを新品に交換しました。
これでやっとお客様にお渡しする事ができます。
人が行う事ですので慎重に作業をしても問題が出ることがあります。
その為に保障を付けていますので安心してお使いいただけます。


バンドネオン調律完了2022/01/10

昨年末にお預かりしたバンドネオンの調律が完了しました。




調律後、実際に鳴らして最終チェックを行うと、1つのボタンで異常が見つかりました。
矢印部分のボタンを少し強めに押すと別の音が重なるという症状です。
この場合、ボタン機構の干渉かバルブより後の部分での空気漏れが
原因と予想されます。



取り敢えずカバーを外した状態でボタンを押して観察する事に。
するとボタンの機構で干渉が見つかりました。
ボタンを押すとボタンの下の端(赤矢印)の所で黄色矢印のボタンから
延長されている木製アームの端がぶつかっていました。
ボタンを強めに押すとボタンの下の部分でアームの端を押していたのです。
原因が分かれば修理は簡単ですが原因がすぐに分からない事も多いです。
楽器の修理は修理時間だけで費用換算されると厳しいものがあります。



幾つかの不具合の修理と調律を完了し後は発送するだけです。
ところでこのバンドネオンですが、見た目は普通ですが実はクロマチック配列です。
ボタン式アコーディオンが演奏できる場合、少し曲を弾く事ができます。
通常バンドネオンの最終チェックは単純に音を鳴らして行くだけですが、
この楽器では簡単な曲を弾くこともできます。

アコーディオンの最終チェックでは必ず曲を演奏するようにしています。
バンドネオンでも少し弾けるというのはちょっと嬉しい体験です。
こういう物がもっと普及しても良さそうなのですが実際のところどうなんでしょうか?


リハビリ詣2022/01/04

休みは今日までで明日は仕事始め。
という事で社会復帰のリハビリを兼ねて歩いて神社へ行ってきました。


自宅から徒歩3km程度の所にある六所神社へ来ました。
4日という事で人は少ないです。
元旦、2日あたりはとても賑わう有名な神社です。
去年も1月4日に来ています。




このところ毎年引いている「招きみくじ」。
今年は初めて白が出ました。
一番普通の色なのに..


そして、昨年に引き続き大吉!
今年もこうして歩いて神社まで来られて普通に生活できているのですから
やっぱり大吉という事でしょう。



丁度お昼になってお腹が空いてきたので東岡崎駅の方まで歩いてきましたが
4日でも案外閉まっている店が多く、駅を通過して康生の方まで歩く途中で
「丘」という喫茶店がやっていたので入ってみました。
ここは岡崎のちょっとした有名店で以前から気になっていましたが
今日、入ることになるとは思っていませんでした。


店の外は古くからやっている喫茶店という感じですが中に入ると凄い空間が..
壁面、天井面にアルミ箔のようなギラギラが貼ってあり
蛍光色の装飾が凄いことになっています。


そんなに広くない店内は有名店という事もありかなり混んでいましたが
一番奥の厨房に近い特等席に案内されました。
その部分の天井ですがホログラムのような反射素材で装飾されており
全く落ち着かない雰囲気の空間です。
照明は比較的明るく怪しい空間ですが暗い雰囲気はありません。


派手な内装とは対照的にBGMはクラシック。
恐らくオープンリールデッキの表に立ててあるLP盤がかかっています。
LPやCDが沢山あり、タイトルを見ると多くがクラシックです。
個人的にはオープンリールの前の奥にあるポールモーリアが気になる!
ジャケットの上半分の写真だけで判ってしまいました。
以前、家にもあって高頻度でかかっていました。


暫く店にいると内装のギラギラが意外と気にならなくなってきて
BGMのクラシックと相まって落ち着く空間になって来る..という不思議。
音量は控え目ですが心地よい音の理由のひとつがわかりました。
座った席と厨房の間にJBLの大きなスピーカーがある事に気付きました。
かなり高額な物です。
全貌は見えませんがラックには恐らくレコードプレイヤーがあり、
僅かに見えている金のボディーはラックスマンの古いアンプでは?
ここのマスターは絶対オーディオマニアです。



貼り出してあるメニューで何となく目に付いたエッグカレーセットを注文しました。
サラダ、コーヒーが付いて1000円です。
それで、出てきた物を見てビックリ、文字通り目玉焼きです。
貼ってあるメニューを見ていると、わざわざ「目玉焼き1個 エッグカレー」というのが
存在する意味がやっと分かりました。
スプーンに紙ナプキンが巻いてあるのが懐かしい。

カレーはボリュームもありますが味もなかなかです。
喫茶店にありがちな半完成品ではなく、恐らくですがここで作っているものと分かります。
塩味は抑えてあり、少し甘く、意外とスパイシーな感じで
今までに経験がないタイプの美味しいカレーでした。



食後のコーヒーが出てきました。
セットのコーヒーでもツマミが付いてきました。
これ、愛知県の人は普通のことですが他ではあまりない事らしいです。
このスタイルしか知らないのでコーヒーを注文すると
何か付いてくるのが普通と思っていました。



コーヒーに天井の装飾が映っていて綺麗です。
完全にこの空間に馴染みました。
ギラギラなのに落ち着く..



コーヒーを飲んでいると何か運ばれて来ました。
最初、間違ってきたのかと思いましたがサービスとのこと。
それなりのサイズのケーキです。
これが今の時期だけの事か分かりませんが大サービスです。
よく見るとケーキの上は市販の板チョコが嵌っています。
これも手作りですね。
そして、一緒に「丘」のステッカー?を頂きました。



丘の文字に切り抜かれた金色のシールですが、
これ、よく見ると手作業で切り抜いている事に気付きます。
一つ一つ、手作りしてプレゼントしているようですが、大変な事と思います。

厨房から近かったので様子がよく見えていましたが
ここは恐らくご夫婦だけでやっていて、厨房では旦那さんと思われる方が
白シャツに蝶ネクタイで一生懸命に作業しています。
奥様と思われる方は注文を聞いたり配膳したりしていますが
変に愛想が良い訳でもなく淡々と忙しく仕事をこなしています。
様子を見ていると何故だか二人の愛を感じます。大袈裟ではなくて。
そういうものが滲んでいるのを感じ取れます。
ここはただのギラギラした珍しい喫茶店ではない事がよく分かりました。
見掛け倒しの仕事ではなく心のある経営をしていらっしゃいます。
新年からとても良い勉強になりました。



思いがけずに入った喫茶店で良い時間を過ごせました。
明日の仕事始めの準備として良き日になりました。
また機会があれば寄らせていただきたいと思いました。


リハビリ2022/01/02

休みに入って暫く経ちましたが後3日で仕事始めという事で
運動のために自転車で出かけました。
仕事再開のためのリハビリというところでしょうか。


自宅から7.5km程度の所にある岡崎中央総合公園まで来ました。
総合公園の奥の方にある岡崎美術博物館の駐車場です。
距離は10kmもありませんが標高が150m程度あり、
実質120mくらい登っているので結構きついです。
14時ですがもう影が長いですね。



自転車はいつも使っている通勤号です。
ブログを始めた頃に記事にしていました。
14年も前のことです。
会社を辞める直前ですが、まだサラリーマン時代のことです。



今日はとても良く晴れて空気が澄んでいます。
西の方を見ると安城方面の町並みが見えます。
遠方には伊吹山などの山々がうっすらと見えています。
寒くなる前に帰りましょう。


20222022/01/01

2022年が始まりました。
今年は紅白を少しも見ず、テレビ東京のクラシックコンサートを見て
大晦日→新年という感じでした。
多分、これが今後のスタンダードになりそうです。


番組を見終わって1時過ぎに町内の神社へ歩いてきました。
12時過ぎに行くと人の列が凄いですが1時過ぎると殆どいません。


お参りをして大きな焚き火に少しあたってすぐに帰ろうかと思いましたが、
毎年、忘年会をやっている町内の友人にバッタリ会って暫く話しをして帰りました。
ちなみに、忘年会はコロナを警戒して2年連続やっていません。
だらだらと話し込んでいたので帰ったら3時でした。
そして、体が燻製状態です..