ラスト納屋橋2022/01/12

昨年末に名古屋で有名な饅頭が1月10日で販売を終了するという事を書きました。
今日は1月12日なので既に工場が閉鎖されている筈です。



昨年末に食べたのが食べ納めと思っていましたが..
なんと、今日1つ頂いてしまいました!
いつも昼食を頂いている近くの喫茶店の常連さんからです。
最終日の10日は凄い行列だったというニュースを見ましたが
よく手に入ったなぁ..

思いがけず、最後の納屋橋まんじゅうを頂く事になりました。
これで本当の食べ納めです。
でも、会社は廃業ではなく、後の復帰の可能性もゼロではないようです。
今までありがとうございました、そしてまた会う日まで..


イブ2021/12/24

今日はクリスマスイブ。
1年があっという間に過ぎて行きます。


店内の飾りも明日まで。
小さなパネットーネは当店で講師をしていただいている
アンジェロさんに頂きました。


今日は一日経理の入力などで終わり。
年末の風物詩。


自宅での食後に頂いたパネットーネをいただきました。
イタリアではクリスマス前から休みに入り、パネットーネを食べて
年末~新年の休みを過ごすということです。
クリスマスケーキ兼、お餅みたいなものでしょうか?


中にはドライフルーツが沢山入っています。
ドライフルーツが無い物もあって、それはパンドーロと言います。
パンドーロも年末年始の食べ物という事です。
使われる酵母がパネットーネ種というもので、とても日持ちがするので
商店が休みになる年末年始に向いているのかも知れません。
実際、このパネットーネや以前に食べたパンドーロなど、
袋に入っていても完全に密閉されていません。
保存料など使っておらず、袋の口は針金で巻いて留めているだけで、
乾燥剤や脱酸素剤も入っていません。
その状態で出荷され、イタリアから日本に空輸され、
切り分けながらのんびり食べて3、4日経ってもカビが出ません。
不思議です。


ゲーセンミュージアム2021/08/19

今日は木曜で定休日ですが名古屋まで出てきました。

やってきたのは名古屋市博物館。
最後に行ったのは2018年の「古代アンデス文明展」でした。

その前は2017年の「ピーターラビット展」です。

その前は2015年の「魔女の秘密展」、「いつだって猫展」です。

猫展のことはブログにも描きました。

という訳で、博物館は数年に1回程度、行っている感じでしょうか。


今日は「ゲーセンミュージアム」という企画展。
ゲームセンター、百貨店の屋上、駄菓子やなどにあったゲーム機を展示するという、
博物館の催しとしてはとても珍しいものと思います。


少し暗くしてある会場に入ると、子供の頃にゲームセンターや百貨店の屋上などで見た
懐かしいゲーム機が多数稼働状態で置いてありました。
稼働している物は全て実際にプレイする事ができます。
しかも入場料だけでゲームのプレイは全て無料!
夏休みという事もあり普段博物館ではあまり見ない子供が沢山いました。
私のお目当はこういう感じのピンボールというゲーム機です。


ピンボールの類は6、7台程度あり、どれもプレイできました。
私は別にゲーマーでもなしですし、子供時代にお金を使ってゲームをするという事は
お金が勿体無くて殆どありませんでした。
やった事があるのでせいぜい10円でできるゲーム機程度です。
ピンボールは50円、100円程度は必要なので少しやったのは中学生以降です。
ゲームと言えば今はデジタルが普通ですがこういうアナログな物に惹かれます。


このゲーム機、どこかでやった記憶があります。
ピンボールに野球の要素を入れたゲームですが、
多分、東岡崎のユニーか、シビコか、松坂屋のゲーム場だったかな?
やってみましたがあっさり3アウトでゲームオーバー..


ピンボールと言えば殆どがアメリカからの輸入品ですがこれは珍しい日本製。
かなりの年代物で動く状態の物が見られる事は殆どないと思います。
プレイしてみましたが一般的なピンボールより異様に玉が速い!
打ち出しは通常の速さですが高速で羽が回転している円形の部分に当たると
弾かれてすごい速さで跳ね返ってきます。
なのでこれもあっさり3つ落としてゲームオーバー。
でも楽しい。
パチンコもやったことがないですし、球技は苦手ですがこれは楽しい。
何と言っても操作が簡単な所、分かりやすさで、ゲームオーバーしても
気分がスッキリします。
自分でお金入れていたらストレスになりそうですが。


他にもアナログ系のゲーム機が幾つもありました。
これはヘリコプターを操縦して指示されたターゲットに電極を接触させることで
得点を得るもので、決まった時間内に何点取れるかでプレイヤーを評価する物です。
面白いのは機体の回転は軸に繋がったアームで回していますが、
上下の動きはヘリに付いたプロペラの回転数を変えて揚力の変化で行うという
実際のヘリコプターと同じ原理になっているところです。
これはかなり高得点を得ることができました。

このゲーム機も小さい頃に見たような記憶があります。
その他にもバイクや車の模型をハンドルで動かして遊ぶ物や、
射撃、小さなボーリング等、色々懐かしいものがありました。
蒲郡市にある竹島という所にボーリング場があり、そこにこういったゲーム機が
沢山あったのを思い出しました。
子供の頃に見たそれらのゲーム機はその頃見ても少し古い感じがしたので
今も使える状態で残っているというのは驚きです。


デジタルのゲーム機も勿論あります。
これはギャラガですね。
テーブルにブラウン管が入っているタイプの物です。
これも当時はお金をゲームに使う事はあり得なかったので見ているだけでしたが
今日はプレイする事ができました。
このタイプのゲームもギャラガの他に、スペースインベーダー、ギャラクシアン、
パックマン、ゼビウス等々..懐かしい物がありました。
ブラウン管のゲームを見る事自体がもうありませんね。
今の子供たちはブラウン管を知らないでプレイしているのでしょう。
独特な光のにじみ具合がいい感じでした。
この頃のビデオゲームは操作が単純で誰にでもすぐ楽しめます。


インベーダーはプロジェクターで投影した巨大スクリーンでのプレイもできました。
順番待ちの子供の列に並んでプレイしましたが、大勢に見られながらプレイするのは
なんだか人の前で演奏するのと同じような緊張感が..
当時のインベーダーを知っているオジサンだから上手いところを見せなければ..
という謎のプレッシャーのせいでしょう。
とは言え、私が小学校高学年の時に出てきたゲームなので
実際にプレイしたのは殆ど初めてに等しいです。
当時は大人が小銭を積み上げてやっていましたね。
残念ながら最後の数匹を残して面クリできませんでしたがUFOは撃墜しました。
残りの数が減ると凄い速さになって段々下がって来るので難しいです。


これは会場の入り口にあった稼働させていないディスプレイです。
これ、まさにシビコの6階にあったゲーム場そのものです。
シビコは岡崎市の繁華街(当時の!)にあったショッピングセンターです。
周辺の百貨店は全て無くなりましたが今も現存して営業中です。


とても懐かしくて面白い企画展でした。
他にも近年までのビデオゲーム機も多数展示されていましたが
80年代前半までしか興味が沸かないのは歳のせいでしょうか..

ここに展示されているゲーム機は現在、休業中の日本ゲーム博物館から
貸し出された物という事ですが、実は、来年にも規模を拡大して営業を
再開する予定があるらしいです。
小牧市にできる予定のハイウェイオアシスの主要施設との事なので
完成すれば凄い人が来るでしょう。
わりと近くにできるのは嬉しいですが、きっと凄い人で大変な事になりそうです。
今の仕事をしていなくて、今もサラリーマンをしていたら早期退社して
ゲーム機の修理、メンテナンス要員として志願していたかも?

サイズアップ2021/08/07


こちらは当店のレッスンに使っている部屋です。
大きさは2畳分しかない部屋ですが感染症対策として、
マスクの着用、強力な換気、プラズマクラスターイオン発生機の設置を行っています。
感染症対策については下記の記事に詳細を書いています。


以前からシャープのプラズマクラスターイオン発生機を置いていましたが、
車載用の小さな物でしたので、同じく車載用ですが大型の物に入れ替えました。
以前の物より適用容積が増えています。

これは2010年に最初に導入した時の記事です。
2010年より感染症に対して考慮はしていました。


実際に設置したところです。
壁にある丸い部分は外気導入口です。
その脇にある白い円筒状の物はサーキュレーターで、入ってきた外気を
上に向けて流れを作って部屋の滞留を減らしています。
と同時に必要があれば角度を変えて涼を取ることもできます。
黒い四角いのは今回導入したプラズマクラスター発生機ですが
出口が生徒さんの顔の方に向けてあります。

丁度、これを接地した頃にシャープからCovid-19に対するプラズマクラスターイオンの
効果が発表されました。 それによれば、付着した飛沫や浮遊している飛沫中のウィルスの減少効果があるということです。


部屋自体には大きな天井用のファンを防音室に直接付けて使っています。
元々付いていた物はあまりにも貧弱でしたのですぐに交換しました。
コロナが問題になってから実際の排気速度が気になったので
煙突部分に大きなビニール袋を付けて排気した空気が袋を一杯にする時間を計りました。
その結果と防音室の容積で計算すると、大体1分間で部屋の全容積分を
排気していることが分かりました。
どの程度の循環が必要なのかは不明ですが排気速度としてはかなり速いです。
引き続きmonte accordionでは感染症対策をきちんと行って参ります。


ピクトグラム2021/08/06

オリンピックもあと3日で終わりですが、開会式でピクトグラムが話題になりました。
当店では開業時から店内に幾つかのピクトグラムを使っています。
あまり目立たないので、ご来店いただいた方で気付いていない人もいると思います。


店内のレッスン室の間にある短い通路ですが、トイレ、清算、工房への表示と
その下にニュース、インフォメーションの表示がしてあります。


こちらはレッスン室のドアのところ。
注意喚起が目的なのでそれなりに目立つようにしています。
文字の羅列よりはわかりやすいと思います。


レッスン室の中の時計の下にある表示です。
まあ、言われなくてもという内容ですが..

開業時、店内でピクトグラムを用いるアイディアはすぐに思いつきました。
ピクトグラムという言葉を知ったのもその時です。
言葉で表示すると場所も取りますし煩雑になるのでどうしようかと考えた結果です。
子供さんや外国人の方が来る可能性も考えました。

ピクトグラムをきちんと意識したのは28歳の時に初めて行った海外旅行です。
一人で飛行機の予約のみでイタリアへ行くという無謀な旅行でしたが、
言葉も殆どできない時、空港や駅の表示でピクトグラムがあり、とても助けられました。
場所も取らないし言葉は必要なく、しかもスタイリッシュで、とても良いものと思いました。
以来、頭の片隅にこの事が残っており、開業時に活かせました。


自分で設置したもの以外にもありました。
非常口の表示です。


よく考えるとアコーディオンのリードセットの表示もピクトグラムと言えそうです。


これは店内にあるデロンギのコーヒーメーカー。
操作部に文字は全くありません。


同じく店にあるダイソンの掃除機のトップ部分です。
フィルターのメンテナンスがピクトグラムになっています。
FILTERがいくつもの言語で書いてあるのも面白いですね。


こちらはトイレにある温水便座の操作部です。
メーカーはパナソニック。
ごく一部だけピクトグラムで殆どは文字です。
点字の表示があるのは凄いです。


エアコンの操作部です。 メーカーはダイキン。
これは全て文字表示です。
他にも店内の物を確認してみましたが、
国産や国産ブランドの家電品は輸出を考えていないのか殆ど文字表示です。
デロンギやダイソンのように海外の物はさすがです。