クロマチック バンドネオン2015/02/16

珍しいクロマチックのバンドネオンがイタリアから届きました。


イタリアのアコーディオンメーカー、Cooperfisa の物です。
大きさや見た目はバンドネオンに近いですが、ボタンの形状や配列が
通常のバンドネオンと違っています。
通常のバンドネオンは蛇腹の押し引きで同じボタンでも音程が変わる
ダイアトニック方式ですが、このバンドネオンはアコーディオンと同じで、
蛇腹の押し引きで音程が同じであるクロマチック方式です。



右手は高音部になっていて、31音あります。
ボタンの並びはボタン式アコーディオンと同じで、
半音で順番に並んでいます。
ボタン式アコーディオンを使っている方はすぐに弾けると思います。



左手側も単音で右と同じ様に半音で順に並んでいます。
右と同じで31音あり、左側は低音部の音程になっています。
左手側は通常のバンドネオンと同じ様に手の下の所に箱がありますので、
バンドネオンの様な響きが再現されています。



バンドネオンの様に左右の蓋のところには美しい
透かし模様が入っています。
空気ボタンは両手共に付いています。



リードはアコーディオン用の物を用いていますので、
バンドネオンの様に亜鉛の一枚板に複数のリードが付いていません。
ですので、この部分でバンドネオンと音質の差があります。
その代わり、メンテナンスの費用が安く、楽器自体も
バンドネオンより大幅に低価格ですので、気軽に始められます。
勿論、バンドネオンと同様、オクターブ違いの同音が同時に
鳴っていますのでそれらしい音は出ます。

空気ボタンのバルブはバンドネオンの様に大きな物が使われていますので、
瞬時に大きく空気を抜く事ができます。
ダイアトニックでは無いのでその必要はあまり無いかも知れませんが..



ボタンにはCとFに触って分かる印が付いています。
バンドネオンは良い音ですが、操作が大変難しく、楽器も高価ですが、
このクロマチック式であれば気軽にバンドネオン風の音と
スタイルが得られます。
バンドネオンと同じ物ではありませんが、見方を変えれば
安価な小型のフリーベースアコーディオンです。
アコーディオンとかバンドネオンとか区別せずに新しい楽器と
捕らえる事もできると思います。
これでバッハなどのクラシックを演奏するのも面白いと思いますし、
自由な和音構成が可能なのでジャズを演奏しても面白いかも知れません。
この楽器で自由に演奏できれば、後に本格的なフリーベースの
アコーディオンに移行する事は難しくないと思います。
フリーベースアコーディオンの為の練習機としても使えそうです。


コメント

_ ms ― 2018/08/20 11:49

こちらの楽器に興味があるのですが通販可能でしょうか?

_ Cookie(店主) ― 2018/08/20 17:55

お問い合わせありがとうございます。
こちらの楽器は通信販売することができますが
在庫は無く、受注生産となります。
宜しければご検討お願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2015/02/16/7751198/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。