コンサーティーナの調律2021/10/01

コンサーティーナの調律を承りました。
何故か今年はバンドネオンやコンサーティーナのご依頼が多いです。


ご依頼のコンサーティーナはバンドネオンを小さくしたような四角形の珍しい物です。
そして、構造も変わっていて、リードやボタン、バルブ機構が載った板が蛇腹と
4本のネジで留められており、そのネジの頭は雌ネジになっていて
その部分に外側のカバーがネジ留めされるという2段の構造になっています。
なのでリードにアクセスする為にはカバーのネジ4本、その下のネジ4本を
外す必要があります。

調律の最終段階では楽器を通常演奏するような状態で音程を確認します。
その時点でズレがあれば再度、ネジを8本外して分解して調律を行い、
もう一度組み立てて音程を確認するというとても大変な作業になります。
バンドネオンやコンサーティーナでは分解時と組み立て時で音程にズレが出るので
きちんと調律する為にはこのような作業が必須になりますが
分解に手間が掛かる楽器の場合はとても大変になります。
その点、バンドネオンは工具無して4本のネジを抜くだけなので楽ですが
1音につき2本のリードが同時に鳴るのでその部分はコンサーティーナよりも
相当大変な調律になります。


調律の前にはリードの周囲の修理、調整を行います。
殆どのコンサーティーナがそうですが、発音の悪い箇所があります。
リードの調整が悪い場合が多いですが、この楽器では別な原因もありました。
一つはリードバルブの根元に貼ってある丸いラベルです。
短いリードではリードバルブが開閉する根元にラベルが掛かっており
開閉の妨げになっています。(赤矢印)
もう一つはリードバルブがリード全長に対して長過ぎる箇所がある事です。(黄矢印)
加えて、定番のリードの調整不良があります。


表から見えていないリードの裏面のリードバルブでも長過ぎる箇所があるので
全てのリードは一旦外して裏面を確認する必要があります。
丸いラベルは裏面にはありませんでした。


右手側の長過ぎるリードバルブを切った残骸です。
同じことを左手側でも行います。

これらのリード周辺の調整、リードの調整を行った場合、
必ず調律が変わってしまうのでマネして調整しないようにしてください。
これらの作業は最後に調律を行う前提でやっています。
そして、調律は先に書いたとおり、蓋を閉じるとズレるのでとても大変な作業となります。
不要な蛇腹を使って調律台を作って調律しても組み立て後にはズレます。
アコーディオンでもそのような現象はありますがコンサーティーナや
バンドネオンほど酷く動くことは少ないです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2021/10/01/9436416/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。