中国製アコーディオン42016/02/07

自分で購入した中国製の小さなアコーディオンの
整備(改造?)をしています。



ベースリードを樹脂の枠ごと楽器から外しました。
一般的なアコーディオンと違い、
スペースが取れない小型楽器の為、平面的に配置されています。



貼ってあるリードバルブは薄くて変形を伴っています。
長さが不十分で先端部分で下の穴が見えている箇所が多数あります。
リードも長さが短い(穴が長い)物や
穴が大きくて隙間が多く精度が低いです。
この為、鳴り始めが悪い箇所や雑音の出る箇所が多数あります。



発音と調律の安定、雑音除去の為、
リードを徹底的に調整する事にしました。
イタリア製の高級リード入れ替えるのも面白いかと思いましたが
それは安易で誰でもできそうなので、敢えて
オリジナルリードを調整する事に。



リードの裏側もかなり酷い状況です。



リードバルブは全数交換しました。
その後、リードの調整にかなりの時間を割き、
元通りに樹脂の枠に接着しました。



蛇腹と本体の合わせ目にあるパッキンです。
かなり硬質な樹脂でできており、空気を止める効果が
乏しいと思われます。



蛇腹のパッキンシールを外したところです。
どちらかというとOリングという感じですが、
一般的なアコーディオンでは接着されているので
このように外す事はできません。



通常のアコーディオンで使用しているシール材を取り付けました。
隙間無くキッチリとシールされている感じがあります。
ベース側の合わせ目は本体と接着されているので
パッキンシールはありません。

この後は右手側の補修作業と調律を行う予定です。
小さな楽器でシンプルな構造ですが、
問題が多いのでかなりの時間を使います。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/02/07/8424590/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。