中国製アコーディオン52016/02/09

自分で購入した中国製の小さなアコーディオンの
整備をしています。


ベースリードと本体が繋がる部分ですが、
元々付いていたガスケットは発泡ポリエチレンのような感じで
硬質なので空気漏れがあると思われます。
また貼ってある位置もズレていたので剥がしてしまいました。



先日、リードの整備を完了したベースリードの枠ですが、
裏面に柔らかい発砲ゴムを貼り、本体と合わせる部分の
ガスケットとしました。
丸い穴が本体側と完全に一致する必要は無く、有効に空気の
出入りができれば良いので境界のみ仕切ることに。
こんな風に貼る方が位置決め精度が悪くても問題にならないので
安い楽器にはピッタリの方法と思いますが..



柔らかい発泡ゴムを用いても本体とベースリードの隙間から
空気が漏れているのでベースリード枠の中央2箇所に小さな
Lアングルを取り付けて本体側にネジ留めしました。
平面的な枠で素材も柔らかいので2箇所のネジ留めでは
無理があるという事です。
上下左右、4箇所で押し付ける事で空気漏れは解決です。
蛇腹と枠側面の隙間が狭いので苦労しました。



もう一つの空気漏れの原因と思われる空気ボタンを外しました。
バルブに貼ってあるのはベースリードのガスケットと同じ
硬質な発砲ポリエチレンです。
しかも、バルブ本体との接着はテキトーで、簡単に剥がれました。
こちらはフェルトと皮に置き換えました。



ベースボタンですが、異様にバネが重い設定です。
大人が使っても指が痛くなる程ですので、
子供が使うには無理があります。
バネを緩める処置をしました。



右手のリードを外しました。
やはりリードバルブは使い物にならない状態です。
リードの精度も悪いので調整が必要です。



樹脂の枠からリードを外してリードの調整、
リードバルブの張り替えを行ないます。
普通のアコーディオンだと大変な作業になりますが、
17音、Mのみという事で大した事はありません。



右手リードの調整が終わりました。



ここまでで必要な補修は終わりました。
小さい楽器ですが、取り外した部品は結構あります。
後は調律を行うだけです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2016/02/09/8448160/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。