ビンテージの再生62012/03/27

70年以上前のアコーディオンの修復をしています。
前回の記事はこちら。
http://accordion.asablo.jp/blog/2012/03/19/6457602

ベースボタンの組み付けは2/3まで終了しました。


ベースボタンの末端部分は、木でできた櫛状の部品で受けられていますが、
これは2段が重なる様になっています。
上下の段を分離する為に薄くて細長い樹脂の部品(写真にある白い部品)が
挟まっていますが、これは要交換でした。


理由は、ご覧の通り、ベースボタンの末端が触れる部分の樹脂が
繰り返しベースボタンの操作をした事で磨り減っているからです。
元々、厚さ0.5mmも無い部品ですので、皮一枚で繋がっている状態と言えます。
さすがに長年使われてきたビンテージ品だけの事はあります。


面白い発見をしました。
この年代のアコーディオンのセブンスコードは4音全て鳴る仕様だったようです。
左のボタンはディッミニシュで、3つのピンがあるので3音構成です。
右はセブンス用で、4つのピンがあるので4音鳴ります。
今のアコーディオンはセブンスコードの5度の音が省略されていて3音だけ鳴ります。
今の..と言っても、50年ほど前の楽器ではこんな風にはなっていませんので、
70~60年以前の間に変わっていったのでしょう。


一番外側のディミニッシュコードのボタンは、物に触れやすいので
こんな風に曲がっている事がよくあります。
こういうボタンも修正しながら組み付けていきます。


と言うわけで、ベースの修復完了!


ベースメカニックの蓋ですが、張られているネットが汚れているので、
新しい物に張り替えます。
剥がすと水玉模様がクッキリ。


ベースストラップです。
この楽器には調節機構がありませんので、手の大きさに合わせて
切り詰めてネジ止めして調整します。
内側のフェルトが擦り切れて両端部分しか残っていません。
皮はまだ使えそうですので、ここはオリジナルを使う事にしました。
フェルトは剥がして新しい物に張替えします。


ベースストラップの表にはこんな押し型が付いていました。
皮もしっかりしているし、模様もあるのでフェルトを張り替えて
再利用する事にしました。


蛇腹留めは、片側しか残っていませんでした。
同じものが手に入らないので、ここは現代の物に交換します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
迷惑書込み対策です。
下欄に楽器の名前をカタカナ(全角)で入力下さい。
当店は何の専門店でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accordion.asablo.jp/blog/2012/03/27/6467350/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。